1. トップページ >
  2. 市の概要 >
  3. 市民歌

市民歌





市民歌




 当市では、市制施行50周年と大船渡市と三陸町との合併を記念し、平成14年9月25日に新しい大船渡市民歌を制定しました。
 歌詞は、公募専門誌等により全国から募集し、作曲は、大船渡市にゆかりがあり、かつ、親しみやすい曲を作風とする方に依頼することにしました。その結果、作詞は、大船渡市日頃市町在住の鈴木昭司さんの作品に決定し、作曲・編曲は、岩手大学名誉教授の林芳輝先生にお願いしました。
 「ああ大船渡」が中央にある歌詞の特徴が「転調」という形で曲に生かされています。これは他の市民歌にみられない特徴です。
 この大船渡市民歌は、当市で名曲コンサートを4回開催している東京多摩交響楽団と鹿内真理さん(ソプラノ)、諏訪才子さん(アルト)
澤田 薫さん(テノール)、辻 康介さん(バリトン)の4人の声楽家により演奏されています。
 また、現在、市民歌のコンパクトディスクとカセットテープを市民の皆さんへ無償で配布しています。

大船渡市民歌

以下のリンクから大船渡市民歌を聴くことができます。
(再生には Windows Media Player が必要です。ダウンロードはこちらから)
Media Player


大船渡市民歌(歌付き)(212KB)|大船渡市民歌(演奏のみ)(208KB)

このページのお問い合わせ先
大船渡市役所