利用の手引き


「申し込み」から「本番」まで

利用の手引き(PDF形式)


問合せ(仮予約)
 電話などで仮予約ができます。仮予約後、1週間以内に申し込み手続きをしてください。
 使用時間には、準備・撤収の時間も含まれますので、ご注意ください。

使用申請受付期間
施設名  使用許可申請受付期間
大ホール 使用日の1年前の月初め
      〜使用日の1か月前
大ホールと併用する他の施設
大ホールを練習目的で使用 使用日の2か月前の月初め
      〜使用日の1か月前
マルチスペース、展示ギャラリー 使用日の6か月前の月初め
      〜使用日の1か月前
マルチスペース、展示ギャラリー
と併用する他の施設
マルチスペースを練習目的で使用
展示ギャラリーを展示目的以外で使用
使用日の2か月前の月初め
      〜使用日の1ヶ月前
会議室、和室、練習室、スタジオなどの単独使用  使用日の3か月前の月初め
      〜使用日 
各施設・附属設備等の使用料はこちらをご覧ください。

申し込み
 施設使用申請書を提出してください。
 ファックスでのお申し込みも可能です。
 各種申請書はこちらからダウンロードできます。

料金の支払い
 施設使用料は原則として、事前のお支払いとなります。
 料金のお支払いと同時に、使用許可書を発行します。
 お支払いは、現金でのお支払いの他、請求書をお送りしての、銀行振込も可能です。
 附属設備等の使用料については、使用後のご請求となります。

宣伝・チケット販売
 催物の宣伝、チケット販売については、使用許可書を受けてからするようお願いします。

打ち合わせ
 大ホール、マルチスペースをご利用になる際は、必要な備品や当日の運営の仕方、音響・照明などについての打ち合わせを行なうことになります。
 企画書、進行スケジュール等をご用意ください。

各種届出
 特殊効果の使用や音楽著作物の使用等、各種の届出については、主催者にて行なっていただくこととなります。

使用当日
 当日は、まず事務室においでになり、使用許可書をご提示ください。
 使用時間になりましたら、リアスホール職員が開錠します。

後片付け・点検
 使用後は、施設・設備を元どおりに戻してください。
 
料金の支払い(清算)
 設備(備品)使用料を、使用後にお支払いいただきます。