1. トップページ >
  2. 東日本大震災 >
  3. 救援物資・義援金・ボランティア

救援物資・義援金・ボランティア

 平成23年3月11日に発生した東日本大震災以降、全国の皆様から温かいご支援をいただいておりますことに、心より感謝申し上げます。
 今後とも、引続きご支援の程、よろしくお願い申し上げます。


救援物資
 現在のところ、充足しております。

 【お問い合わせ】 地域福祉課 電話:0192-27-3111(内線183)


災害義援金等の受け付け
 被災された方々に寄せられたものは「災害義援金」として、市の災害復旧・復興事業等のために寄せられたものは「災害見舞金」として、次のとおり受け付けしております。(振込先は同一です。)

1 お振込みいただく場合
  金融機関 : 岩手銀行 大船渡支店
  口座種別 : 普通預金
  口座名義 : 大船渡市災害義援金(オオフナトシサイガイギエンキン)
  口座番号 : 2052381

  ※「災害義援金」または「災害見舞金」のいずれかを判別するため、お振込の際は次のように手続き願います。
    ご依頼人(お振込名義人)は…
    「災害義援金」としてお寄せいただく時 ⇒ ギ + 1字空白 + お申込いただく方の名称
    「災害見舞金」としてお寄せいただく時 ⇒ ミ + 1字空白 + お申込いただく方の名称
    と、ご記入(又は入力)願います。
    なお、上記のとおりお手続きが難しい場合は、別途お電話等によるご連絡も受け付けいたします。
  ※災害義援金または災害見舞金の判別ができない場合は、恐れ入りますが「災害義援金」として受け付けさせていただきます。
  ※一部振込手数料がかかる場合があります。
  ※義援金詐欺にご注意ください。(振り込む前に口座番号・名義情報を十分に確認してください。)

2 現金を直接お届けいただく場合
  受付窓口:大船渡市役所本庁 会計課
  受付時間:平日の8時30分~17時15分

3 現金書留でご送金いただく場合
  郵便番号:022-8501
  宛先:岩手県大船渡市盛町字宇津野沢15 大船渡市 会計課

  ※郵便料・書留手数料は無料です。災害用郵便物とお申し出ください。


災害義援金等「ふるさと寄附金」に係る税制度の優遇措置
 災害義援金・見舞金等地方公共団体に対する寄附金やふるさと納税を行っていただいた場合、いずれも「ふるさと寄附金」として、寄附金額の2,000円を超える部分について、一定限度額までの所得税と個人住民税の控除が受けられます。
 義援金・見舞金をご送金いただいた際は、送付先がわかる場合は受領証を郵送しております。

 ※口座振込の場合は、ご寄附いただいた本人の氏名や住所を把握することができません。
  受領証が必要なときは、お手数ですが【お問い合わせ】先までご一報願います。

1 確定申告(原則)について
 寄附金控除を受ける場合は、寄附を行った方が、地方公共団体(大船渡市)が発行する受領証等を添付して、申告を行っていただく必要があります。
 また、口座振込時の控えとしてお手元に残る「振込金受取書」や郵便振替の半券(受領証)の原本に、このホームページの写しを添付することで、寄付金控除等を受けるための証明書にかえることができます。(所得税の確定申告を行う方は、住民税の申告は不要です。所得税の確定申告を行わない方は、住所地の市区町村に住民税の申告を行っていただく必要があります。)

  ※寄附金額の控除額や申告方法等については、お近くの税務署またはお住まいの市区町村税務課担当窓口にお問い合わせください。

2 申告特例(ワンストップ特例)制度について
 平成27年4月1日以降に行われた寄附について、次の条件を満たす方は、「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」を寄附先(大船渡市)に提出していただくと、寄附先(大船渡市)が寄附者に代わって、寄附金に係る控除申請を住所地の市区町村にすることができます。
 特例が適用される場合は、確定申告を行った場合の所得税の軽減相当分を含め、個人住民税からまとめて軽減を受けることになります。

 【ワンストップ特例制度を利用できる方】
  対象となる方は、次のすべての条件を満たす方に限られます。
  (1)義援金等の寄附金控除を受ける目的以外で確定申告を行う必要のない方(給与所得者等)
  (2)その年に「ふるさと寄附金」をされる市町村の数が「5」以下であると見込まれる方

  ※ワンストップ特例制度を利用される方は、下記申請書に個人番号確認の書類と本人確認書類(※1)を添付し、会計課までご提出ください。
  (恐れ入りますが、申請書の送料はご負担いただきます。)
  ・寄附金税額控除に係る申告特例申請書 
  ・寄附金税額控除に係る申告特例申請事項変更届出書

 

※1 個人番号確認の書類と本人確認書類

  個人番号カードを持っている方 通知カードを持っている方 個人番号カード・通知カードのいずれも持っていない方
個人番号確認の書類 個人番号カードの裏面のコピー 通知カードのコピー 個人番号が記載された住民票のコピー 
本人確認の書類 個人番号カードの表面のコピー

※個人番号カードは、マイナンバーが記載された顔写真付きのカードです。
次の(1)または(2)のいずれか
(1)運転免許証、旅券(パスポート)、身体障害者手帳など、氏名のほか、生年月日または住所が記載され、顔写真付の身分証1点のコピー
(2)健康保険証、年金手帳、児童扶養手当証書など氏名のほか、生年月日または住所が記載され、顔写真が付かない身分証2点のコピー
※顔写真(付いている場合)、氏名、生年月日または住所が確認できるようにコピーしてください。

 詳しくは、総務省 ふるさと納税ポータルサイト(外部サイト)でご確認ください。

  【お問い合わせ】 会計課 電話:0192-27-3111(内線132、133)


東日本大震災に係る災害義援金等の受入れ及び配分・活用の状況(平成27年3月末現在)
1 災害義援金について
 大船渡市では、日本赤十字社、中央共同募金会、岩手県に、全国、全世界から寄せられた義援金を、「平成23年東北地方太平洋沖地震及び津波義援金配分委員会」(岩手県)による配分要領により、大船渡市に配分頂き、被災者の皆様に配分してまいりました。
 また、大船渡市に寄せられた義援金につきましても、大船渡市災害義援金配分委員会による配分要領により、被災者の皆様に配分して参りました。
 なお、災害義援金は、一般会計予算とは別に管理されています。

 

(1)岩手県を通じて大船渡市に配分された災害義援金

配分先 配分件数  配分金額(円)
死者・行方不明者のご遺族に配分 507  889,880,000
全壊世帯の世帯主へ配分 2,583  4,516,608,000
大規模半壊・半壊世帯の世帯主への配分 1,118  1,210,220,000
全壊した福祉施設の入居者への配分 24  28,000,000
4,232  6,644,708,000
   
 

(2)大船渡市に直接寄せられた災害義援金

配分先 配分件数 配分金額(円)
死者・行方不明者のご遺族に配分 507 53,873,500
全壊世帯の世帯主へ配分 2,566 272,733,500
大規模半壊・半壊世帯の世帯主への配分 1,116 75,163,500
全壊した福祉施設の入居者への配分 24 1,829,000
親を亡くされた遺児・孤児への配分 34 19,992,000
被災された重度の障害をお持ちの方への配分 237 27,948,000
被災した事業関係団体への配分 7 78,795,000
4,491 530,334,500
  市義援金受入額 市義援金配分額 市義援金残高
  536,478,684円 530,334,500円 6,144,184円
  (受入件数3,182件)       

  ※1 岩手県からの義援金と、大船渡市の義援金は、第一回目の配分時期が異なり、その間に亡くなられた方がおられるため、
    配分件数が一致しない場合があります。
  ※2 岩手県からの義援金と、大船渡市の義援金は、数回に分けて配分されており、その間に亡くなられた方がおられるため、

    配分金額を配分件数で割っても、割り切れない場合があります。

  【お問い合わせ】 地域福祉課 電話:0192-27-3111(内線183)

2 災害見舞金について
 市に寄せられた災害見舞金は、市の一般会計予算に計上され、大船渡市の災害復旧・復興事業等の財源として活用されています。 

 
年度 受入件数 配分金額(円)
平成22年度 13 17,900,000
平成23年度 265 293,746,182
平成24年度 203 70,613,423
平成25年度 162 37,511,391
平成26年度 97 18,826,415
740 438,597,411

ボランティア
 大船渡市社会福祉協議会復興ボランティアセンターでは、震災後、泥出しや家の修繕補助を中心とした災害対応を行っておりましたが、平成25年4月1日より通常のボランティア活動へと移行いたしました。
 これまで、のべ3万人以上の皆様が復興支援に活動に従事していただきました。改めて感謝申し上げます。

  【関連リンク:大船渡市社協復興ボランティアセンター公式ブログ】(外部サイト)