1. トップページ >
  2. 東日本大震災 >
  3. 災害義援金・被災者支援等の申請受付について

災害義援金・被災者支援等の申請受付について

最新更新:平成28年2月22日
東日本大震災にかかる災害義援金・被災者支援等について
 
 平成23年3月11日に発生した東日本大震災で被災された皆様に対し、心よりお見舞い申し上げます。

 大船渡市では、この震災で被災された方、障がいが残った方、またお亡くなりになられた方や行方不明となっている方のご関係者の皆様に対し、各種制度を活用した支援を実施します。

 これらの各種制度をご利用していただき、一日も早く生活の再建にお役立ていただきますよう、ご祈念申し上げます。

  

  各種制度については、こちらからもご覧いただけます。→☆ 被災者支援ガイドブック
<目次>
◆震災による被害を受けた方への支援制度について
人的被害を受けた方
(死亡、行方不明、重度障害など)
住家被害を受けた方
(全壊、半壊、大規模半壊など)
被災した方で貸付が必要な方
(住家、家財の損害)
給付制度 給付制度 貸付制度

 ※平成24年度以降に新たに設けられた被災者の住宅再建支援制度について


  参考:各種支援制度早見表
◆上記支援制度の書類等について
◆大船渡市義援金関係について

<各種支援制度の概要等>
◆震災による被害を受けた方への支援制度について
災害義援金(人的被害)について
内容 災害により死亡された方のご遺族及び行方不明者のご親族に対して、義援金を支給します。
※ここで記載する災害義援金については、日本赤十字社本社、中央共同募金会、岩手県災害義援金募集委員会に寄せられた義援金です。大船渡市に寄せられた義援金については大船渡市義援金関係についてをご覧ください。
種類 給付
対象 災害で死亡された方のご遺族(被災時に住民登録又は外国人登録がある方)となります。
なお、支給に際しては、ご遺族の中で下表の順位があります。
支給順位 対象者
1 ※死亡された方によって主として生計を維持されていた 配偶者
2
3 父母
4
5 祖父母
6 上記以外 配偶者
7
8 父母
9
10 祖父母
11 死亡されていた方と生計をともにしていた 兄弟姉妹
12 3親等内の親族
13 上記に該当しない 葬祭を行った親族
※死亡された方と同住所に住民登録、外国人登録のある方等
支給内容               
第1次配分金 500,000円
第2次配分金(1回目) 815,000円
第2次配分金(2回目) 72,000円
第2次配分金(3回目) 60,000円
第2次配分金(4回目) 73,000円
第3次配分金(1回目) 100,000円
第3次配分金(2回目) 44,000円
第3次配分金(3回目) 59,000円
第3次配分金(4回目) 34,000円
第3次配分金(5回目) 23,000円
資料等
問合せ先 生活福祉部地域福祉課
住所:大船渡市盛町字宇津野沢15
電話:0192-27-3111(内183、184) FAX :0192-26-2299

↑目次へ
災害弔慰金について
内 容 災害により死亡された方のご遺族に対して、災害弔慰金を支給します。
種類 給付
対象 災害で死亡された方のご遺族(被災時に住民登録又は外国人登録がある方)となります。
なお、支給に際しては、ご遺族の中で下表の順位があります。
支給順位 対象者
1 ※死亡された方によって主として生計を維持されていた 配偶者
2
3 父母
4
5 祖父母
6 上記以外 配偶者
7
8 父母
9
10 祖父母
11 死亡されていた方と生計をともにしていた 兄弟姉妹
※死亡された方と同住所に住民登録、外国人登録のある方等
支給内容
亡くなられた方が、死亡当時、対象者の生計を主として維持していた場合 5,000,000円
上記以外の場合 2,500,000円
資料等
問合せ先 生活福祉部地域福祉課
住所:大船渡市盛町字宇津野沢15
電話:0192-27-3111(内183、184) FAX :0192-26-2299

↑目次へ
災害障害見舞金について
内容 災害による負傷、疾病で精神又は身体に著しい障害が出た場合に、災害障害見舞金を支給します。
種類 給付
対象 災害により以下の障害の状態となっている方(被災時に住民登録又は外国人登録がある方)となります。
  • 両目が失明したもの
  • そしゃく及び言語の機能を廃したもの
  • 神経系統機能又は精神に著しい障害を残し、常に介護を要するもの
  • 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、常に介護を要するもの
  • 両上肢をひじ関節以上で失ったもの
  • 両上肢の用を全廃したもの
  • 両下肢をひざ関節以上で失ったもの
  • 両下肢の用を全廃したもの
  • 精神又は身体の障害が重複する場合でその程度が全各号と同程度以上と認められるもの
支給内容
生計維持者が重度の障害状態になった場合 2,500,000円
その他の方が重度の障害状態になった場合 1,250,000円
資料等
  • 事前に市役所(下記問合せ先)へご相談ください。
問合せ先 生活福祉部地域福祉課
住所:大船渡市盛町字宇津野沢15
電話:0192-27-3111(内183、184) FAX :0192-26-2299

↑目次へ

災害義援金(住家被害)について
内容 災害により被災された住家の世帯主に対して、災害義援金を支給します。なお、1戸の住宅で住民登録を別にする世帯が複数存在するときは、複数の世帯主に対して義援金を支給します。
※ここで記載する災害義援金については、日本赤十字社本社、中央共同募金会、岩手県災害義援金募集委員会に寄せられた義援金です。大船渡市に寄せられた義援金については大船渡市義援金関係についてをご覧ください。
種類 給付
対象 災害により住宅が全壊・半壊した世帯の世帯主や半壊以上の被害を受けた福祉施設の入所者で被災時に住民登録又は外国人登録があり、市からり災証明等が得られる方となります。
支給内容               
  全壊 半壊
大規模半壊
全壊
(福祉施設入所者)
半壊
大規模半壊
(福祉施設入所者)
第1次配分金 500,000円 250,000円 350,000円 180,000円
第2次配分金(1回目) 815,000円 534,000円 562,000円 281,000円
第2次配分金(2回目) 72,000円 36,000円 72,000円 36,000円
第2次配分金(3回目) 60,000円 30,000円 60,000円 30,000円
第2次配分金(4回目) 73,000円 73,000円
第3次配分金(1回目) 100,000円 67,000円 66,000円 33,000円
第3次配分金(2回目) 44,000円 25,000円 38,000円 19,000円
第3次配分金(3回目) 59,000円 47,000円 24,000円 12,000円
第3次配分金(4回目) 34,000円 23,000円
第3次配分金(5回目)
23,000円
16,000円


資料等
問合せ先 生活福祉部地域福祉課
住所:大船渡市盛町字宇津野沢15
電話:0192-27-3111(内183、184) FAX :0192-26-2299

↑目次へ
被災者生活再建支援金について
内容 災害により居住する住宅が全壊するなど、生活基盤に著しい被害を受けた世帯に対して支援金を支給し、生活の再建を支援します。
種類 給付
対象 市内に居住の世帯で、震災により住家が下記の状態となった世帯の世帯主となります。
  • 住宅が全壊した世帯
  • 住宅が大規模半壊した世帯
  • 住宅が半壊し、住宅をやむを得ず解体した世帯
  • 敷地に被害が生じ、その住宅をやむを得ず解体した世帯
支給内容 以下の2つの支援金の合計額となります。※単身世帯の場合は、各該当額の3/4の額となります。
基礎支援金(住宅の被害程度に応じて支給する支援金)
住宅の被害程度 全壊・解体
長期避難
大規模半壊
支給額
(※単身世帯の場合)
100万円
(75万円)
50万円
(37万5千円)
申請期限 平成29年4月10日まで

加算支援金(住宅の再建方法に応じて支給する支援金)
住宅の再建方法 建築・購入 補修 賃貸
(公営住宅を除く)
支給額
(※単身世帯の場合)
200万円
(150万円)
100万円
(75万円)
50万円
(37万5千円)
申請期限 平成30年4月10日まで
建設・購入 ・・・ 従前の建物の一部(基礎など)を新しい住宅の一部として使用しない場合。
補修 ・・・ 従前の建物の一部(基礎など)を新しい住宅の一部として使用する場合。
また、別な土地の既存の建物を増築した場合も含む。

注意: 一旦住宅を賃借した後、自ら居住する住宅を建設・購入する場合の支援金は、賃貸の支給額と合計して200万円、補修する場合は賃貸の支給額と合計して100万円となります。
資料等
問合せ先 生活福祉部地域福祉課
住所:大船渡市盛町字宇津野沢15
電話:0192-27-3111(内183、184) FAX :0192-26-2299

↑目次へ
          
被災者住宅再建支援事業補助金について
内容 東日本大震災により自宅が全壊した被災世帯等に対して、大船渡市内での「持ち家」による住宅再建を支援します。
種類 給付
対象 次の2つの要件を満たしている世帯の世帯主となります。
  1. 平成23年東日本大震災津波により、その居住する住宅が全壊又は半壊解 体して被災者生活再建支援金の基礎支援金(複数世帯100万円、単数世帯75万円)を受給していること。
  2. 大船渡市内に自宅を建設又は購入して、被災者生活再建支援金の加算支援金の「建設・購入」(複数世帯200万円、単数世帯150万円)を受給していること。
東日本大震災津波により浸水した地域に建設・購入した場合は、補助の対象となりません。
県内他市町村で、その居住する住宅が全壊又は半壊解体して、被災者生活再建支援金の基礎支援金を受給した世帯主も補助の対象となります。
支給内容
複数世帯 2,000,000円
単数世帯 1,500,000円
※ただし、契約金額が上記を下回る場合は、その金額(千円未満切り捨て)
申請期限:平成31年3月31日まで
提出書類 ①申請に必要な書類
 ア り災証明書
 イ 補助金申請書(申請者の印鑑が必要となります)
 ウ 被災者生活再建支援金の加算支援金(建設・購入)の申請書に添付したものと同じ契約書(建設請負契約書・不動産売買契約書)の写し
 エ 被災者生活再建支援金支給通知書の写し
 オ 被災者生活再建支援金の加算支援金の振込先と同じ世帯主の通帳の写し
※大船渡市内で被災し、大船渡市内で住宅再建をする方はウ~オの提出書類を省略可
      
②支給を受ける際に必要な書類
 ア 補助金交付請求書
 イ 契約書に係る完了報告書
 ウ 領収書の写し等
 エ 検査済証の写し
 オ 契約額に変更があった場合、変更のわかる書類
※請求書・完了報告書の押印は、申請書と同一の印鑑であること。
資料等
問合せ先 生活福祉部地域福祉課
住所:大船渡市盛町字宇津野沢15
電話:0192-27-3111(内183、184) FAX :0192-26-2299

↑目次へ
災害援護資金貸付金について
内容 災害により世帯主の方が負傷した世帯や住居・家財に損害を受けた世帯を支援するため、生活の再建のために必要な資金を貸し付けます。
種類 貸付
対象 以下のいずれかの被害を受け、下表の所得制限を超えていない世帯の世帯主(被災により世帯主が死亡した場合は、新世帯主)となります。
  • 世帯主が災害により負傷し、その療養に要する期間がおおむね1ヶ月以上
  • 家財の3分の1以上の損害
  • 住居の半壊または全壊・流出
借入れに関する所得制限について
世帯人員 市町村民税における平成22年度(平成21年分)の総所得金額
1人 220万円 住居全体が滅失・流失した場合は、世帯人数にかかわらず1,270万円
2人 430万円
3人 620万円
4人 730万円
5人以上 1人増すごとに730万円に30万円を加えた額
貸付内容 貸付限度額は、下記表に示す限度額となります。
  家財・住宅
損害なし
家財の1/3以上の損害 住居が半壊
大規模半壊
住居が全壊 住居全体が
滅失・流失
世帯主が負傷し、療養期間がおおむね1ヶ月以上の場合 150万円 250万円 270万円
(350万円)
350万円
(350万円)
350万円
帯主におおむね1ヶ月以上の負傷がない場合 150万円 170万円
(250万円)
250万円
(350万円)
(住宅の損害について)
被災した住宅を建て直すにあたり、住居の残存部分を取り壊さざるを得ない場合等の事情があるときは、( )内の金額となります。
住居の損害については、原則として自己所有の住居が対象となります。ただし、賃貸住宅の場合でも、住居全体の滅失・流失や、半壊・全壊による取り壊しのため、引き続き居住できない場合は対象となります。

その他、貸付内容です。
貸付利子 連帯保証人を立てる場合は無利子
連帯保証人を立てない場合は、据置期間経過後、年1.5% (利子補給制度有り)
※連帯保証人は、弁済資力を有している等の要件を満たす必要があります。
 →利子補給制度の概要はこちらから
据置期間 6年(被災により世帯主が死亡、住居が全壊など特別の事情がある場合は8年)
償還期間 13年(据置期間を含む)
償還方法 年賦、元利均等償還(繰上償還可)
申込期限 平成30年3月31日まで
資料等 ※仮設住宅など、一時的に住所を移している場合でも、現在居住している場所に住民票を異動していただく必要があります。
問合せ先 生活福祉部地域福祉課
住所:大船渡市盛町字宇津野沢15
電話:0192-27-3111(内183、184) FAX :0192-26-2299

↑目次へ
生活福祉資金貸付金について
内容 低所得者世帯、障害者や要介護者のいる世帯に対して、必要な経費の貸付を行うものです。
種類 貸付
対象 大船渡市社会福祉協議会ホームページ等を参照ください。
貸付内容 下記以外の詳細な内容は、大船渡市社会福祉協議会ホームページ等を参照ください。
名称 福祉費 緊急小口資金
内容 災害を受けたことにより臨時に必要となる費用の貸付 災害等によって緊急かつ一時的に生計の維持が困難になった場合に貸付
金額 150万円 20万円
貸付利子 連帯保証人あり…無利子
連帯保証人無し…年1.5%
  (一部利子補給制度あり)
 →利子補給制度の概要はこちらから
無利子
据置期間 6ヶ月以内 2ヶ月以内
償還期間 7年以内 8ヶ月以内
資料等
  • 直接、大船渡市社会福祉協議会(下記問合せ先)へお問い合わせください。
問合せ先 大船渡市社会福祉協議会
住所:大船渡市立根町字下欠125-12
電話:0192-27-0001

↑目次へ
◆上記支援制度の書類等について
申請に必要な書類について
(1) り災証明書(原則として写しではなく、原本が必要です。)

※郵便請求される場合は、り災証明書の写し又はり災証明書の交付申請書で結構です。
(2) 住民票(市内の方は交付申請書。)

※発災時に住民票が市外にある方は、その住民票をご用意ください。
(3) 預金通帳(※1)の写し(※2)

※1:原則として世帯主名義のもの(なお、死亡の場合は受給者名義のもの)

※2:通帳の見開き1ページ目のコピー
(4) その他

※各種制度により必要になる書類もありますので、各種制度問い合わせ先までご確認ください。

※申請後に必要になる書類もある可能性もございますので、ご協力お願いいたします。
遠隔地に一時避難されている方や市外へ転出された方へ
  • 関係書類の入手方法は以下のとおりです。
    1. インターネットを利用する…申請書類のダウンロード
       ※災害義援金申請書・被災者支援金申請書を印刷する際は、両面印刷でお願いします。
    2. 郵便を利用する
       郵便またはFAXにて、資料請求をお願いします。
       下記(ア)~(エ)を明記のうえ、ご請求していただきますと、資料一式を郵送いたします。
           (ア)送付先住所
           (イ)送付先氏名
           (ウ)電話番号
           (エ)災害義援金・被災者生活再建支援制度等資料請求

        FAX :0192-26-2299
        郵送:〒022-8501 大船渡市役所 地域福祉課(住所の記載は不要です)

↑目次へ





このページのお問い合わせ先
地域福祉課
電話番号:0192-27-3111
FAX番号:0192-26-2299