1. トップページ >
  2. あそぶ >
  3. 観光 >
  4. 碁石海岸

碁石海岸


碁石海岸を代表する絶景スポット、穴通磯
大船渡市末崎半島の東南端約6kmの海岸線を『碁石海岸』と呼び、背後のアカマツやたくさんの草花が彩りを添えるなど、変化にとんだすばらしい海岸景勝地で、「国の名勝・天然記念物」に指定されているほか、「日本の渚・百選」にも選ばれています。
 なかでも、穴通磯(アナトオシイソ)は碁石海岸を代表する絶景スポット。波の侵食作用により大きな洞門が3つ開いたその姿はまさに自然の造形美。小型観光遊覧船(休業中)で穴をくぐることもできます。

☆乱曝谷(ランボウヤ) 
数十mの切り立った岸壁が向かい合う海の谷間に、激しく砕け散る白波。その名の通り、眼下は荒々しく豪快な風景です。海が荒れているほど波のしぶきは高く、その迫力は強烈です。 乱曝谷

☆碁石岬(ゴイシミサキ)
碁石埼灯台 心地良い潮騒に耳を傾けながら碁石海岸の遊歩道を進んでいくと、まばゆいばかりの白亜の碁石埼灯台につき当たります。
碁石岬の先端は、北緯38度50分、東経141度44分。高さ10.5mの灯台から沖合い32kmまで光を届ながら、三陸沖を航行する船を見守っています。 碁石岬展望台

☆碁石浜(ゴイシハマ)
波によって磨かれた玉砂利が、一面に敷きつめられた海岸です。碁石海岸の名前の由来が、この黒い玉砂利の浜「碁石浜」となっています。 碁石浜

☆雷岩(カミナリイワ)
雷岩 雷岩は「残したい日本の音風景百選」にも選ばれ、その名のとおり、ゴロゴロッ、ドーンと低い雷鳴のように、お腹にズシリと響く巨大な音がします。巨岩の下の海食洞穴に打ち当たる波が、その中の空気を圧縮して、独特な音を響かせる自然の技です。

☆巾着岩(キンチャクイワ)
荒々しく男性的な景観が続く碁石海岸で異彩を放つのが巾着岩。その独特のフォルムが心を癒してくれます。 巾着岩

☆碁石海岸までのアクセス 
鉄  道 JR大船渡線細浦駅下車、タクシーまたは岩手県交通バス碁石線に乗り換え約15分
路線バス 岩手県交通バス碁石線碁石海岸バス停下車すぐ
自家用車 三陸縦貫道大船渡碁石海岸I.Cから約10分
アクセスマップ(67KB)
クリックすると拡大表示されますクリックすると拡大表示されます

碁石海岸の生物] [観光遊覧船]休止中 [青少年キャンプ場]
碁石温泉] [世界の椿館・碁石] [ラベンダーの名所] [碁石海岸遊歩道


☆観光のお問い合わせ☆


このページのお問い合わせ先
商業観光課
電話番号:0192-27-3111
FAX番号:0192-26-4477