1. トップページ >
  2. くらす >
  3. 市税 >
  4. 軽自動車税

軽自動車税

1 納税義務者 

  4月1日現在、大船渡市内に主たる定置場所(駐車場)がある軽自動車等の所有者が納めることとなります。
  そのため、4月2日以降に廃車の手続きをしても、税金は1年分全額納めていただくことになります。
  同様に、4月2日以降に名義変更の手続きをしても、税金は前の所有者(4月1日時点の所有者)にかかります。


2 納税通知書発送日 

   平成29年5月9日(火)


3 納税証明書 

  軽自動車または小型二輪車の車検を受けるときは、軽自動車税納税証明書(継続検査用)が必要です。
  納税通知書兼領収証明書のキリトリ線右側が納税証明書となりますので、大切に保管してください。
  口座振替の方は、6月上旬に納税証明書をお送りします。


4 軽自動車等の種類と税率

  • 原動機付自転車等の税率
     原動機付自転車、二輪の軽自動車、二輪の小型自動車、小型特殊自動車の税率は、平成27年度から税率の引上げを実施する予定でしたが1年間延期され、平成28年度から表1のとおり引上げとなります。 

表1 

軽自動車等の種類と税率
車種
区分
税率(年間税額)
現行
新税率(平成28年度から)
原動機付自転車
排気量50cc以下(ミニカーを除く)
1,000円
2,000円
排気量50cc超90cc以下
1,200円
2,000円
排気量90cc超125cc以下
1,600円
2,400円
ミニカー(排気量50cc以下)
2,500円
3,700円
軽自動車
二輪(125cc超250cc以下)
2,400円
3,600円
小型特殊自動車
農耕作業用
1,600円
2,400円
その他
4,700円
5,900円
二輪の小型自動車
排気量250cc超
4,000円
6,000円

 

  • 軽四輪車及び軽三輪車
    (1) 平成27年3月31日までに登録した車両は、表2税率欄左列の現行税率のままとなります。
    (2) 平成27年4月1日以降に最初の新規検査を受ける車両は、表2税率欄中列の新税率が適用されます。
    (3) 初めて車両番号の指定を受けた月から起算して13年を経過した車両(※電気自動車等は除く)は、平成28年度から表2税率欄右列の経年重課税率が適用となります。
    ※平成29年度の重課対象は、平成16年3月31日以前に最初の新規検査をした車両(自動車検査証の初年度検査日が「平成16年3月」以前)です。
      

表2

車種
区分
税率
(1)平成27年3月31日登録分まで
(2)平成27年4月1日以降の新規登録分から
(3)経年重課
軽自動車
三輪(660cc以下)
3,100円
3,900円
4,600円
軽四輪・乗用・営業用
5,500円
6,900円
8,200円
軽四輪・乗用・自家用
7,200円
10,800円
12,900円
軽四輪・貨物・営業用
3,000円
3,800円
4,500円
軽四輪・貨物・自家用
4,000円
5,000円
6,000円

※電気自動車等とは、電気軽自動車、天然ガス軽自動車、メタノール軽自動車、混合メタノール軽自動車及びガソリンを内燃機関の燃料として用いる電力併用軽自動車並びに被けん引自動車となります。

5 軽自動車税グリーン化特例(軽課)

 

  ・平成28年4月1日から平成29年3月31日までに最初の新規検査を受けた三輪及び四輪の軽自動車(新車のみ)で、次の基準を満たす車両について平成29年度分の軽自動車税に限りグリーン化特例(軽課)が適用されます。

 

車 種

区 分

税 率

(ア)

(イ)

(ウ)

軽自動車

三輪(660cc以下)

1,000円

2,000円

3,000円

四輪

乗用

営業用

1,800円

3,500円

5,200円

自家用

2,700円

5,400円

8,100円

貨物

営業用

1,000円

1,900円

2,900円

自家用

1,300円

2,500円

3,800円

 

    (ア) 電気自動車・天然ガス軽自動車(平成21年排出ガス10%低減)

    (イ)乗用:平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)かつ平成32年度燃費基準+20%達成車

       貨物用:平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)かつ平成27年度燃費基準+35%達成車

    (ウ)乗用:平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)かつ平成32年度燃費基準達成車

             貨物用:平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)かつ平成27年度燃費基準+15%達成車

       ※(イ)、(ウ)については、揮発油(ガソリン)を内燃機関の燃料とする軽自動車に限ります。

       ※各燃費基準の達成状況は、自動車検査証の備考欄に記載されています

 

6 減免制度について

 

   身体に障害のある方やその人を常時介護する方などが運転する車両については、税金が免除されることがあります。ただし、免

  除のための要件がありますので、詳しくは税務課諸税係までお問い合わせください。

   なお、納税通知書が届いてから納期限の前日までに申請しなければなりません。

 

減免申請についての情報はこちら

 

 

7 盗難にあった場合

 

     警察に盗難届を出した場合は、税務課諸税係または軽自動車協会で廃車等の手続きを必ず行ってください。

 

 

8 軽自動車等の所有状況の変更手続き

  

     購入・廃車・住所変更・名義変更をするときは、下記の窓口で速やかに手続きを行ってください。特に3月は窓口が混み合う場

  合がありますので、できるだけ2月中までに手続されますようお願いします。
   なお、手続きを行う際には、事前に電話等で必要なものをご確認ください。

 

 

9 代替車両の軽自動車税非課税申請について

  

     東日本大震災関連情報に掲載しておりますので、以下のリンクからご覧ください。

   原動機付自転車(125cc以下のバイク)、小型特殊自動車については、大船渡市役所税務課諸税係へお問い合わせください。

   三輪・四輪の軽自動車、二輪の軽自動車(125cc超250cc以下のバイク)・二輪の小型自動車については、問い合わせ先が以下

  の通りとなりますのでご注意ください。
  

     

    問い合わせ先
    岩手県自家用自動車協会大船渡支部
    所在地:大船渡市大船渡町字地ノ森62-10
    電話:0192-26-3874

     

     

 

このページのお問い合わせ先
税務課
電話番号:0192-27-3111
FAX番号:0192-21-3122