1. トップページ >
  2. 組織 >
  3. 行政機構図(部署一覧) >
  4. 商工港湾部 >
  5. 起業支援室
  1. トップページ >
  2. 産業 >
  3. 起業支援室

起業支援室

設置目的

 大船渡市内における起業支援を総合的に推進し、地域産業の振興及び雇用の促進を図ることを目的とします。
   
主な業務
・起業の推進に係る施策の企画及び調整に関すること     
・起業に係る各種相談に関すること
・起業に係る指導、助言及び啓発に関すること
・起業に係る関係機関及び団体との連絡調整に関すること
・その他起業支援に必要な事項に関すること 
 
  (平成25年度起業家等支援セミナー「大船渡なりわい未来塾」)      
 
 
東北未来創造イニシアティブとの連携
東北未来創造イニシアティブは、被災地において人づくり、まちづくり、産業づくりを通して復興を支援し、未来を切り拓いていくためのプロジェクトで、若手経営者や起業家など、地域の将来を担うリーダー人材の育成や復興計画の具現化を図るため、経済同友会の支援により民間企業から派遣された職員が中心となり、市や関係団体等と連携しながら、人材育成道場の運営や地域経済の活性化などに取り組みます。
当市には大船渡サテライトとして4名が常駐しているほか、宮城県気仙沼市、釜石市にも、それぞれサテライトが設置され、活動を展開しています。
 
(リンク)
東北未来創造イニシアティブ公式サイト
 
岩手大学三陸復興・地域創生推進機構大船渡エクステンションセンターとの連携
 岩手大学が被災地の復興支援を目的として平成24年4月に「岩手大学三陸復興推進機構」を設置し、活動を展開してきましたが、その取組みをさらに強化するため、平成25年4月3日に「大船渡エクステンションセンター」が大船渡市商工港湾部内に設けられました。平成28年4月からは「三陸復興・地域創生推進機構」に改組され、これまでの取り組みをさらに深化させることとなりました。
 大船渡エクステンションセンターでは、対象エリアを気仙地域とし、以下のような活動を行っておりますので、お気軽にご相談ください。
 
【主な活動内容】
 ●被災者(企業等を含む)からのニーズの収集
 ●被災地からの支援ニーズに応える岩手大学のシーズ(大学が持っている「技術ノウハウ設備」など)に関する情報提供及びマッチング
 ●沿岸自治体、企業、事業者、団体・グループなどとの連絡調整
 ●岩手大学が行う各種支援活動の企画立案や復興プロジェクトの推進
 
(リンク)
岩手大学三陸復興・地域創生推進機構
 
同機構 釜石サテライト、久慈・宮古・大船渡エクステンションセンター  
 
各種支援制度関係
国、県、市等には、起業・創業、事業拡大等に関する融資や補助金等の各種支援制度があり、必要に応じて活用することができます。ただし、条件、要件等がありますので、詳細(下記ダウンロード「起業支援制度のご紹介」)をご覧のうえ、ご不明な点は、お問い合わせください。
 
(創業補助金セミナー)
 
各種関係機関等
 国、県等では、補助金等の助成制度のほか、セミナーや販路拡大のための物産展、ビジネスマッチングなどの各種支援も行っていますので、どうぞご覧ください。
 
 (リンク)
 経済産業省(公募情報)
  
   中小企業庁(補助金等公募案内)
 
日本政策金融公庫
 
岩手県(産業・雇用)
 
岩手県(沿岸広域振興局)
 
岩手県中小企業団体中央会
 
岩手県商工会連合会
 
大船渡商工会議所
 
(公財)いわて産業振興センター
 
大船渡市立図書館(ビジネス支援コーナー)
 
 
 
問合せ・連絡先
起業支援室(内線:105・106)
東北未来創造イニシアティブ大船渡サテライト(内線:160)
岩手大学三陸復興推進機構大船渡エクステンションセンター(内線:106)

 

 
 

 

このページのお問い合わせ先
起業支援室
電話番号:0192-27-3111(内線106)
FAX番号:0192-26-4477