1. トップページ >
  2. お知らせ >
  3. 平成31年度大船渡市高齢者交流サロン運営事業補助金の募集について
  1. トップページ >
  2. くらす >
  3. 地域包括ケア >
  4. 平成31年度大船渡市高齢者交流サロン運営事業補助金の募集について

平成31年度大船渡市高齢者交流サロン運営事業補助金について

  ~高齢者が気軽に交流できる体制づくりを支援します~ 

 市では、平成31年度高齢者交流サロン運営事業補助金の募集を行います。

地域の中で、高齢者の居場所をつくり、積極的に交流し社会参加することは、自らの介護予防になり、みんなで支え合う地域づくりにつながります。

 そこで、高齢者の皆さんが身近で気軽に集まることのできる場所を確保し、住民運営の通いの場の充実を図るため、「高齢者交流サロン」を設置し活動する団体又は個人に対し、その運営経費の一部を助成します。

 

 ※申請書類は、本ホームページからダウンロードできるほか、市地域包括ケア推進室(警察署となり 総合福祉センター内)に備えてあります。また、必要な方には様式のデータを提供しますので、メールアドレスをご連絡いただくか、USBメモリを持参してください。  

1 補助対象者                       

 高齢者交流サロンの取り組みを行う団体または個人

2 事業対象者

 市内に住所を有するおおむね65歳以上の高齢者

3 開催場所

 「地域の高齢者が集まりやすい場所」であって、「継続して開催が可能な場所」とします。地域公民館を始め、個人宅や空き店舗を想定しています。借用物件の使用も可能とし、この場合、会場賃借料の一部を補助金の対象とすることも可能となります。

4 活動内容

 特に定めません。

例として、お茶飲み、作品づくり、体操、レクリエーション、勉強会、カラオケ、昼食会・・・   

※自由な時間に出入りし、おしゃべりをする活動も可能とします。

※無理のない内容で、定期的に、継続的に開催するように心がけてください。

※開催時には、スタッフ1名以上(サロンの運営に携わる方で資格は不問)従事が必要となります。

 

5 開催頻度

        原則として、1年を通じて1月当たり1回以上開催し、1回当たりの開催時間は、2時間以上とします。

    ただし、高齢者交流サロン活動拠点整備費を活用する団体又は個人は、週1回以上の開催とします。

 (※平成28~30年度に活動拠点整備費の補助を受けた団体又は個人については、同整備費は申請できません。)

    複数人での運営など継続して実施できる体制を確保の上、開催してください。

    運営及び活動の内容を明らかにするため、開催日時、従事したスタッフの氏名、利用者の氏名、活動内容、金銭の収支状況を日誌等に記載するものとします。なお、以下の参考様式がありますので、ご活用ください。

 

参考様式

内 容

□高齢者交流サロン年間実績書

(参考様式1)

日時、場所、実施内容、参加人数を記入するもので、これに記入しておくと、事業実績書(様式第7号)作成に役立ちます。

□高齢者交流サロン業務日誌

(参考様式2)

日時、実施内容、参加者氏名、スタッフ氏名を記入するものです。

□高齢者交流サロン収支記録簿

●活動拠点整備費分(参考様式3)

●運営費分(参考様式4)

●会場賃借料分(参考様式5)

日付、支出額、使途等を記入しておくもので、これに記入しておくと、収支精算書(様式第3号)の作成に役立ちます。

□車両使用記録簿

(参考様式6)

事業に自家用車を使用した場合の記録用としてお使いください。

 

6 補助対象経費と補助金の額

 

事業区分

補助対象経費

補助金額

備 考

(1)高齢者交流サロン活動拠点整備費

(週1回以上の高齢者交流サロンを開催するものに限る。)

高齢者交流サロンに使用する建物等の修繕料、工事費、備品購入費

1団体又は1個人につき1回に限り、補助対象経費の1010に相当する額。

(上限額20万円)

ただし、備品購入費のみの場合は、補助対象経費の10分の10に相当する額。

(上限額5万円)

補助年度は、初年度のみ

(2)高齢者交流サロン運営事業費

(1)運営費(消耗品費、燃料費、印刷製本費、光熱水費、通信運搬費、保険料、その他運営に必要と認められる費用)

開催1回につき、補助対象経費の1010に相当する額。

(1回の限度額1,000)

食糧費(お茶・お菓子・弁当等)は補助対象外経費。ただし、調理実習等の材料費は補助対象経費となります。

(2)会場賃借料

 

 

補助対象経費の10分の10に相当する額。上限額月額1万円

 

 

 ()(1)の高齢者交流サロン活動拠点整備費における対象経費の一例

 集まった高齢者のためになる内容とし、備品も同様に高齢者の使用を想定するものを対象とします。

【工事費】

 玄関入口の段差解消、手すりの設置、仕切りドア設置、トイレ洋式化

【備品】

 テーブル、椅子、そば打ちセット、こたつ、ポット、CDラジカセ 

 

7 申請に必要な書類

 

 

添付書類等

□補助金交付申請書(様式第1号)

□事業計画書(様式第2号)

□収支予算書(様式第3号)

□支出の根拠となる見積書の写し及び修繕等を行う箇所の写真(高齢者交流サロン活動拠点整備費を利用する場合)

□その他必要と認める書類

申請の内容により、その他必要書類を提出していただきます。

 

8 事業の流れ

 月12日(金)~5月7日(火) 申請受付期間

 ※ただし、申請受付期間終了後に新たに事業を開始する場合は、予算の範囲内で申請を随時受付します。 

 5月中旬    書類審査、交付決定通知

        ・必要に応じて、補助金の前金払を行います。

 交付決定通知日以降~平成32年3月まで 高齢者交流サロン活動の取り組み

        ・必要に応じて、市が状況確認を行います。

 平成32年3月 実績報告(補助金額の確定) 

        ・実績金額が補助金額を下回った場合は、差額を返還していただくことになります。なお、支出の証拠となる領収書がなければ、最終的に交付することはできませんのでご注意ください。

 平成32年4月 補助金の支払い

 

9 実績報告に必要な書類

 

 

添付書類等

□補助金交付請求書(様式第6号)

□事業実績書(様式第7号)

□収支精算書(様式第3号)

□支出の証拠となる領収書の写し及び修繕等を実施した箇所の写真(高齢者交流サロン活動拠点整備費を利用した場合)

□その他必要と認める書類

・支出の証拠となる領収書の写し

実績の内容により、その他必要書類を提出していただきます。

 

10 その他

 ・既に同様の活動に取り組んでいる場合であっても、申請は可能とします。

ただし、本補助金の交付要綱に沿うように整理してください。

 ・他の補助金等を受けている活動では、申請することはできません。

 ・地区版地域助け合い協議会と連携してください。(地区で設立している場合)

 ・補助金を申請する前に、申請内容について市に確認してください。

 ・詳細については、「大船渡市高齢者交流サロン運営事業補助金交付要綱」に定めていますので、必ず内容を確認してください。

 

11 申請書等の提出先・お問い合わせ先

  

 022-0003 大船渡市盛町字下舘下14-1 (総合福祉センター内)

      大船渡市生活福祉部 地域包括ケア推進室 

      TEL:26-2943  FAX:27-1589

      メールアドレス:ofu_houkatsu@city.ofunato.iwate.jp

 

関連情報

このページのお問い合わせ先
地域包括ケア推進室
電話番号:0192-26-2943
FAX番号:0192-27-1589