1. トップページ >
  2. 観光 >
  3. 観光 >
  4. 平成29年度大船渡市「地域おこし協力隊(さかなグルメ推進)」の募集について
  1. トップページ >
  2. お知らせ >
  3. 平成29年度大船渡市「地域おこし協力隊(さかなグルメ推進)」の募集について

平成29年度大船渡市「地域おこし協力隊(さかなグルメ推進)」の募集について

 市では、「さかなグルメのまち大船渡」の実現に向けた取り組みを推進するため、平成29年度大船渡市地域おこし協力隊員(さかなグルメ推進)を募集します。

 「さかなグルメのまち大船渡」とは・・・
 市民の有志で構成する「さかなグルメのまち大船渡実行委員会」は、子供たちが誇りに思える地域を、三陸沿岸の地域特性を活かし、大船渡市の豊かな海の幸で作りたいという目標のもと活動しております。
 現在は、市民に最も親しみのある「さんま」にテーマを絞り、市民も観光客も楽しめる「さんまと言えば大船渡」と言われる状態を作るため、さんままつりなどのイベントで観光客を呼び込む取組みをはじめ、「水産のまち大船渡」の魅力を感じてもらうための小学生向けの出前授業や大漁旗コンテストなどさんまを活用したまちづくり、地域おこしをおこなっております。

 

 

 
【応募要領】
 ■募集人数
 2名
 ■職務内容
(1)さんまをフックにしたシティプロモーション
  ・外部アドバイザーのもと、市の魅力掘り起こしのための、市民を巻き込んだワークショップの開催
  ・「さんまと言えば大船渡」と言われるようなまちにするためのブランディング
  ・よそ者の観点から見た「さかなグルメのまち大船渡」の魅力の発見と、それを活かしたまちづくり
  ・さんまを通じて、市民が住んでいるまちに誇りを持つための取組み
  ・将来、地域を担う子供たちに、さんまにまつわる地域の魅力を伝える出前授業
(2)さんまをフックにしたイベントの企画・運営
  ・三陸大船渡さんままつりにおけるイベントの企画・運営
  ・東京タワーさんままつりにおけるイベントの企画・運営
  ・さんま出船式、一番船入港式、さんま直送便出発式に絡めたイベントの企画・運営
  ・日本初のさんま焼き師認定試験に係る運営補助
(3)さんまグルメ開発事業
  ・市内や周辺にある、さんまを使った家庭料理や郷土料理の情報収集と調査
  ・B級グルメコンテストへの参加、A級商品開発など地域住民が誇りに思える食の魅力発見と、
   大船渡のさんまを活用した料理のブランディング
  ・大船渡のさんまのおいしさ周知と知名度向上を図るための取組み
  ・本州一のさんま水揚げのまち、ならではの地域に伝わるレシピの伝承 
(4)情報発信
  ・「さかなグルメのまち大船渡実行委員会」のfacebookなどSNSやWeb上のポータルサイト等を
   活用した情報発信
  ・マスコミと連携した、情報発信
  ・さんまPRキャラバンや他市との交流イベント
  ・行ってみたい、住んでみたいと思わせるような動画等の制作及び情報発信
  ※各種業務は、「さかなグルメのまち大船渡実行委員会」及び地域おこし協力隊の共同で行います。
 
 ■応募資格
次のすべての要件を満たす20歳以上の方

(1) 地方公務員法第16条に規定する欠格事項に該当しない方
(2) 都市地域等から大船渡市に住民票を移動し、移住する方(現住所が過疎地域など条件不利地域に指定
   されていないこと)
(3) 地域資源の探求に関心があり、積極的な情報発信をしながら地域活性化に取組む方
(4) パソコンの基本ソフト(ワード・エクセル・パワーポイント等)の操作スキルと、インターネット、
   SNS等の知識を有し、活用できる方
(5) 誠実に職務を行うことができる方
(6) コミュニケーション力・創造力・発信力・連携力・判断力・協調性に優れ、責任感のある方
(7) 普通自動車運転免許を取得している方
(8) 地域おこし協力隊の活動期間終了時に大船渡市において起業、または就業し、定住する意欲のある方
 ■募集期限
 平成29年10月20日(金) 必着
 ※ただし、委嘱人数に達した時点で募集を終了とさせていただきます。
 ■応募方法
 下記の提出書類を郵送してください。(ファクス及び電子メールによる応募はできません。)
 提出の際は、封書の表に「地域おこし協力隊応募」と朱書きしてください。

【提出書類】
 (1) 大船渡市「地域おこし協力隊(さかなグルメ推進)」応募用紙(様式1)
 (2) 大船渡市「地域おこし協力隊(さかなグルメ推進)」活動目標(様式2)
 (3) 住民票抄本(地域要件確認のため、コピー不可。本籍、戸籍筆頭者、世帯主及び続柄は

    必要ありません。)
 (4) 運転免許証の写し(表と裏)
  
 ※ 提出書類は返却しません。

 
 ■提出先及び
 問合せ先
 〒022-8501 岩手県大船渡市盛町字宇津野沢15番地
        大船渡市商工港湾部観光推進室
        TEL 0192-27-3111(内線114・115)/ FAX 0192-26-4477
 ■選考の方法
 及び内容
(1) 書類選考(随時)
  資格要件、書類内容を当市で審査し、選考結果は応募者全員に通知します。
(2) 面談(随時)
  書類選考を通過した応募者近郊の都市部にて面談を行い、採用後の業務環境や内容、住環境について
  説明、確認を行います。
(3) 面接選考(随時)
  面談の結果、応募の意欲を確認できた方を対象に、大船渡市において面接を行います。面接日時、
  場所等については、面談終了後に通知します。
(4) その他
  応募に係る経費(書類申請、面談及び面接に伴う交通費等)は、全て応募者の負担とする。
 
 ■任用形態、
 期間
(1) 大船渡市の非常勤の特別職として、市長が委嘱します。
(2) 平成29年11月1日(応相談)から平成30年3月31日まで
  ※期間終了後に活動実績等を勘案し、1年度単位で平成31年度末まで延長可能
 ■報   酬
月額 200,000円(社会保険料の本人負担分等控除前の額)
 ■勤務時間等
(1) 勤務日数 原則、週5日間(月曜日から金曜日)
(2) 勤務時間 原則、午前9時から午後4時(正午から午後1時までは休憩時間) 
 ■勤務場所
大船渡市役所 商工港湾部 観光推進室
(大船渡市盛町字宇津野沢15) 
 ■活動場所
大船渡市内全域
 ■待遇・福利
 厚生
(1) 社会保険等(健康保険、厚生年金、雇用保険)に加入します。
(2) 委嘱期間満了後に大船渡市に定住するための活動として、市長が認める範囲で副業を許可します。 
  (所定の届出を行ったうえで勤務時間以外に限ります。)
(3) 活動期間中の住居は市が用意します。
(4) 活動に必要な電子機器、消耗品、岩手県内外への旅費及び研修への参加費等は、予算の範囲内で市が
   支給します。
(5) 活動のための車両は市が用意します。
(6) 大船渡市に赴任する際の費用は、市の規定に基づき支給します。

このページのお問い合わせ先
観光推進室
電話番号:0192-27-3111(内線114・115)
FAX番号:0192-26-4477