1. トップページ >
  2. 組織 >
  3. 行政機構図(部署一覧) >
  4. 企画政策部 >
  5. ILC推進室

ILC推進室

   

 現在、国際リニアコライダー(ILC)実現に関しては、加速器研究の国際的な組織である国際将来加速器委員会においてステージング(※)方式が承認されたことに伴い、国による検証が行われ、今年中には政府から何らかの方向性が示されるのではと言われています。
 市では、こうしたILC実現に関する情勢の変化を踏まえ、関連する取組を一層推進するため、平成29年12月1日、ILCに係る事務事業を統括する「ILC推進室」を設置しました。
 ILC推進室では、ILCの実現及び建設、稼動等による波及効果の拡大を目指します。
 また、今後の取組として、ILCをテーマとした講演会や出前講座等の開催、ILC誘致実現についての国等への要望活動等を実施するほか、ILCに関する当市における取組指針となる「ILCと共生するまちづくりビジョン」及び施設・設備等の建築資材や研究機器の搬入に伴う大船渡港の活用と、港から荷揚げされた各種機器等を建設予定地まで輸送するための道路の整備・改良に伴う機能向上等を主眼とした「大船渡港の活用等プラン」の策定等を行う予定です。
 平成30年度からは、専任職員を配置し、体制を強化し、取組を進めます。

   ILCとは

   お知らせ ・ イベント

   Q&A ・ リンク

   資料集

※ステージング
 北上山地が建設候補地とされているILCは、当初計画では、初期整備延長が31㎞とされていましたが、8,300億円という巨額の建設コストが課題となっていました。この建設コストを縮減するため、初期整備延長を20㎞に短縮してスタートし、将来的に段階的に拡張整備する「ステージング」という方式が採用されました。ステージングにより、建設費用が5,000億円程度まで縮減することが可能になり、ILCの実現性が大きく高まりました。

このページのお問い合わせ先
企画調整課
電話番号:0192-27-3111
FAX番号:0192-26-4477