ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類で探す > しごとの情報 > 産業振興 > 商工業 > 新型コロナウイルス感染症関連情報 > 新型コロナウイルス感染症に関する市内事業者への支援等のお知らせ(国による支援)

本文

新型コロナウイルス感染症に関する市内事業者への支援等のお知らせ(国による支援)

 新型コロナウイルス感染症による影響を受ける、またはそのおそれがある市内中小・小規模事業者向けの国による支援制度の情報をお知らせします。

〇給付金

・持続化給付金

 感染症拡大により、特に大きな影響を受けている事業者に対して、事業の継続を支え、再起の糧として事業全般に広く使える給付金です。

 ・給付額   法人200万円、個人事業主100万円
 ・給付対象  農業、漁業、飲食業、小売業、宿泊業、製造業など幅広い業種で、事業収入(売上)を得ている法人・個人の方
 ・給付要件  下記の要件に当てはまらない場合、問い合わせ窓口に相談してください
         ア 新型コロナウイルス感染症の影響により、ひと月の売上が前年同月比で50%以上減少している事業者
         イ 2019年以前から事業による事業収入(売上)を得ており、今後も事業を継続する意思がある事業者
         ウ 法人の場合は、
          (1) 資本金の額または出資の総額が10億円未満、または
          (2) 上記の定めがない場合、常時使用する従業員の数が2,000人以下である事業者
 ・申請期間  令和2年5月1日(金曜日)から令和3年1月15日(金曜日)まで
 ・申請方法  経済産業省の持続化給付金ホームページ<外部リンク>よりオンライン申請が可能です

 持続化給付金の問合せ先

 持続化給付金事業 コールセンター
 Tel 0120-115-570
 (IP電話専用回線) 03-6831-0613
 ※5・6月(毎日)、7月から12月(土曜日を除いた日曜日から金曜日)午前8時30分から午後7時まで

 中小企業 金融・給付金相談窓口
 Tel 0570-783183
 ※平日・土日祝日午前9時から午後7時まで

 

〇助成金

・雇用調整助成金

 経済上の事由により事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が、労働者に対して一時的に休業、教育訓練または出向を行い、労働者の雇用維持を図った場合に、休業手当等の一部を助成するものです。新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえ、特例措置が発表されています。

 ・対象事業者  新型コロナウイルス感染症の影響を受ける事業主(全事業主)
 ・特例措置の内容
         ア 助成内容・対象の大幅な拡充(令和2年4月1日から令和2年6月30日までの休業等に適用)
          (1) 休業手当に対する助成率を引き上げ(中小企業4/5、大企業2/3)
          (2) 解雇等を行わない場合、助成率を上乗せ(中小企業9/10、大企業3/4)
          (3) 教育訓練を実施した場合の加算額を引き上げ(中小企業2,400円、大企業1,800円)
          (4) 新規学卒者など、雇用保険被保険者として継続して雇用された期間が6か月未満の労働者も助成対象
          (5) 1年間に100日の支給限度日数とは別枠で利用可能
          (6) 雇用保険被保険者でない労働者の休業も対象
         イ 受給要件の更なる緩和(休業等の初日が令和2年1月24日以降のものにさかのぼって適用)
          (7) 生産指標の要件を緩和(対象期間の初日が令和2年4月1日から令和2年69月30日までの間は、5%減少
          (8) 最近3か月の雇用量が対前年比で増加していても助成対象
          (9) 事業所設置後1年以上を必要とする要件を緩和
          (10) 休業規模の要件を緩和
         ウ 活用しやすさ(休業等の初日が令和2年1月24日から令和2年7月23日までの場合に適用)
          (11) 事後提出を可能とし提出機関を令和2年6月30日まで延長
          (12) 短時間一斉休業の要件を緩和
          (13) 残業相殺制度を当面停止
          (14) 申請書類の大幅な簡素化
 ・申請方法   厚生労働省の雇用調整助成金ホームページ<外部リンク>を確認し、下記の問合せ先に相談してください

 雇用調整助成金の問合せ先

 ハローワーク大船渡
 〒022-0002
 大船渡市大船渡町字赤沢17‐3
 大船渡合同庁舎
 Tel 0192-27-4165

 岩手労働局職業対策課分室
 〒020-0045
 盛岡市盛岡駅西通2丁目9番1号
 マリオス6F
 Tel 019-606-3285

 

〇民間金融機関による信用保証付融資

 経営の安定に支障が生じている中小企業者を、一般保証(最大2億8,000万円)とは別枠の保証の対象とする資金繰り制度です。事前に市長の認定が必要となります。

 各認定書の有効期間は発行の日から起算して30日間です。
 ※ただし、緩和措置により令和2年1月29日から7月31日までに取得した認定書は、記載された有効期間を過ぎても令和2年8月31日まで有効です。

本制度を利用する場合、事前に銀行にご相談ください。

・セーフティネット保証4号

 自然災害等の突発的事由により、幅広い業種で影響が生じている地域について、一般保証とは別枠(最大2億8,000万円)で借入債務の100パーセントを保証(売上高が前年同月比20パーセント以上減少等の場合)。

 新型コロナウイルス感染症による措置として、全都道府県が対象地域として指定されました。

セーフティネット保証4号の概要 [PDFファイル/361KB]

・セーフティネット保証5号

 全国的に業況の悪化している業種について、一般保証とは別枠(最大2億8,000万円、4号と同枠)で借入債務の80パーセントを保証(売上高が前年同月比5パーセント以上減少等の場合)

セーフティネット保証5号の概要 [PDFファイル/478KB]

セーフティネット保証5号の指定業種(令和2年5月1日~令和3年1月31日) [PDFファイル/168KB]

・危機関連保証

 新型コロナウイルス感染症の影響により、全国の中小企業・小規模事業者の資金繰りが逼迫していることを踏まえ、既に実施したセーフティネット保証に加えて、危機関連保証が発動されました。売上高等が急減する中小企業・小規模事業者においては,一般保証及びセーフティネット保証とはさらに別枠となる100%保証が利用可能となります。

危機関連保証の概要 [PDFファイル/337KB]

申請書類ダウンロード

申請書類チェックリスト (セーフティネット保証) [PDFファイル/84KB]

申請書類チェックリスト(危機関連保証) [PDFファイル/82KB]

セーフティネット保証4号認定申請書 [Wordファイル/22KB]

セーフティネット保証5号認定申請書 [Wordファイル/21KB]

危機関連保証認定申請書 [Wordファイル/26KB]

委任状(セーフティネット保証用) [Wordファイル/29KB]
   →金融機関が代理で申請する場合

委任状(危機関連保証用) [Wordファイル/28KB]
   →金融機関が代理で申請する場合

・信用保証付き融資における保証料・利子減免

 セーフティネット保証4号・5号・危機関連保証を利用して、都道府県等による制度融資を活用し、条件を満たした場合、保証料補助と3年間の利子補給を実施。

(1)個人事業主(事業性のあるフリーランス含む、小規模に限る)

 売上高等前年同月比5%以上減少で保証料ゼロ+金利ゼロ

(2)小・中規模事業者((1)除く)

 1 売上高等前年同月比5%以上減少で保証料2分の1

 2 売上高等前年同月比15%以上減少で保証料ゼロ+金利ゼロ

・支援策パンフレット

新型コロナウイルス感染症で影響を受ける事業者の皆様へ<外部リンク>

 

保証制度に関するお問い合わせ先

岩手県信用保証協会大船渡支所(0192-27-1224)

岩手県信用保証協会ホームページ<外部リンク>

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


支援策一覧
特別定額給付金
市民のみなさまへ
大船渡市対策本部
公共施設の開館状況
市議会
学校関連情報
行事・イベント情報