ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

「感染拡大防止特別期間」を設定します

大船渡市新型コロナウイルス感染症
「感染拡大防止特別期間」を設定します

 大船渡市では、今月に入り、新型コロナウイルス感染症の新規感染者数が15人と急速に拡大するとともに、依然として経路不明の感染事例が続いており、極めて厳しい状況となっています。

 このような中、感染拡大を封じ込めるためには、市民の皆さまに改めて感染対策の徹底と、感染拡大を防ぐための一定の行動制限が必要であり、市では、本日より、市独自の「感染拡大防止特別期間」を設定します。期間中における市民の皆さまのご理解とご協力をお願いします。

 大切な人を守り、地域を守り、一日も早く日常生活を取り戻すため、大船渡市民一丸となって、この難局を乗り越えましょう。

 令和3年2月16日

大船渡市長 戸 田 公 明

1 対象区域

 大船渡市全域

2 対象者

 大船渡市民

3 対象期間

 令和3年2月16日(火曜日)から3月7日(日曜日)までの20日間
 ※市内の感染状況により期間を延長する場合があります

4 期間中の要請内容

 次のことを確実に実行していただくことをお願いします。

  1. 改めて感染予防のための自覚を持った行動をお願いします。
  2. 外出の際は、マスク着用のうえ、密集を避けて行動してください。特に、重症化リスクの高い高齢者や基礎疾患のある方の外出については、慎重な判断をお願いします。
  3. 会合は、可能な限り自粛を検討しつつ、開催する際は、短時間、必要最小限の人数、参加者の体調確認、マスクの着用、こまめな換気、人と人との距離の確保を徹底してください。
  4. 家庭内においては、毎日の体調確認、手指消毒、咳エチケットの徹底のほか、体調の悪いご家族がいらした場合、共有スペースの利用を最小限とするなど、家庭内感染を回避する工夫をお願いします。
  5. 施設や店舗を運営する事業者においては、改めて感染防止対策の徹底をお願いします。
  6. 罹患者個人や地域等を詮索する行為は、厳に慎んでください。また、医療機関や保健所への問合せも、感染制御対応の妨げとなります。罹患者、ご家族及び医療従事者等に思いやりの心で接していただきますよう、ご協力をお願いします。
  7. 体調に異変を感じた際は、早期にかかりつけ医等の医療機関や相談窓口(岩手県受診・相談センター:電話番号019-651-3175)に電話で相談のうえ、受診してください。

5 市の公共施設について

(1) 休館する公共施設

  1. 2月18日から休館

□地区公民館等

大船渡地区公民館

蛸ノ浦漁村厚生施設

猪川地区公民館

立根生活改善センター

日頃市地区公民館

末崎ふるさとセンター

市民交流館カメリアホール

赤崎地区公民館

三陸公民館

 

□スポーツ施設

市民体育館

テニスコート

体育センター

弓道場

三陸体育館

田中島グラウンド

三陸B&G海洋センター

赤崎グラウンド

市営球場

三陸総合運動公園

□一般等への学校開放施設(体育館・校庭)

  2. 利用団体との調整等、準備できた施設から順次休館

□むらづくり研修施設(26施設)

□博物館

□シーパル大船渡 ※働く婦人の家は施設改修中

(2) 利用制限をしつつ一部開放する施設

 新型コロナウイルス感染症対策にかかる市独自の公共施設利用の目安として設定している「市公共施設の利用拡大及びイベント開催へ向けた段階的緩和の目安」に基づき、次の公共施設について「第1段階に強化」します。

 なお、第1段階とは、概ね次のとおりとし、細部については各指定管理者等で決定します。

   利用人数  上限50人

   利用者   過去2週間以内に緊急事態宣言の対象区域(1都2府7県)及び感染拡大地域を訪問していないこと

   その他   利用者の把握、

利用時間は、屋内施設のみ2時間以内

施設名

備考

綾里地区コミュニティ施設・綾姫ホール

集会施設部分のみ休館

吉浜地区拠点センター

集会施設部分のみ休館

Y・Sセンター

各種相談業務は継続

大船渡市魚市場

多目的ホール、展示室のみ休館

市民文化会館

 

図書館

図書貸出業務は継続

防災観光交流センター(おおふなとぽーと)

 


支援策一覧
地域外来・PCR検査センター
大船渡に泊まってHappy!大作戦
大船渡市対策本部
公共施設の開館状況
市議会
行事・イベント情報