ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 市立博物館 > 一部の利用制限を緩和しました

本文

一部の利用制限を緩和しました

9月25日(金)から 確認票の記入が不要となりました

  新型コロナウイルス感染拡大防止のため、氏名や住所、体調について確認票の記入をお願いしていましたが、9月25日(金)から不要となります。

 

 なお、厚生労働省の新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)<外部リンク>と岩手県のLINE公式アカウント岩手県-新型コロナ対策パーソナルサポートを活用したサービス「もしサポ岩手」<外部リンク>について、館内で紹介しておりますので、ご利用ください。

 

 引き続き、下記の新型コロナウイルス対策にご協力をお願いします。 


当館の新型コロナウイルス対策

(2020年10月5日更新)

○入館時にご協力ください

・マスクや口を覆う布の着用

・手洗い、手指消毒、せきエチケットの徹底

・体温測定(サーモグラフィ-カメラによる自動検温と非接触型体温計を導入しています)

・人と十分な距離(1m)をあけて見学

・展示品や展示ケースにさわらない

 

○下記のあてはまる方は、入館をご遠慮ください

・体調不良の方(37.5℃以上の発熱、せき、のどの痛み、だるさ、息苦しさ、においや味の異常などの症状のある方)

 

○その他

・博物館職員はマスクを着用します

・開館中に消毒作業を行います

・さわれる資料など一部コーナーを閉鎖します