ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

図書館の概要

図書館内を写したスライド写真です

 

概要紹介

 市立図書館は、昭和27年7月に開設され、昭和50年10月に消防署2階に移転、平成20年11月のリアスホールオープンに伴い、現在の場所に移転しました。

  現在、蔵書が約15万冊、ビデオ・DVD約600本、その他に、郷土資料、雑誌、新聞、インターネット用端末などを保有し「貸出」をはじめ、「レファレンス・サービス」などの専門サービス、「児童サービス」、「移動図書館車の運行」、「資料や情報の収集保存」、「各種催事」などを行っています。

 移動図書館「かもしか号」は約3,500冊を積載し、学校や福祉施設を含む市内68カ所のステーションを巡回し、全域サービスに努めています。

  図書館では、「成人大学講座」などの各種講座、「クリスマス絵本展」などの各種図書展示、「大船渡市読書感想文コンクール」や「おはなしパレード」「おたのしみ親子劇場」など、読書活動の推進に努めております。


※ レファレンスサービスとは?
 来館者が必要とする文献や参考図書について、図書館職員が情報を提供したり、検索に協力したりするサービスのことです。職員へお気軽にお問い合わせください。

市立図書館の特徴

 市立図書館には、次のような特徴があります。

  • 館内は児童書架、お話室、学習室、新聞・雑誌コーナー、青少年コーナー、一般書架・閲覧コーナー、郷土資料室、ボランティア室、移動図書館車車庫・書庫、閉架書庫などで構成された回廊型の図書館となっています。閲覧席数は145席で、県内の市町村立図書館の中で最多となります。
  • 受付窓口は、サービスカウンターとサブカウンターの2カ所にあります。都合により、サブカウンターが使用できない場合がありますのでご了承願います。
  • 児童書架をはじめ、各コーナーの周囲、通路沿いに書架を配置し、全体で約16万冊の図書を収容できます。
  • 蔵書検索用端末およびインターネット端末を配置しているので、簡単に資料や情報を収集できます。 

開館時間

  • 平日     午前9時~午後7時
  • 土・日・祝日 午前9時~午後5時

休館日

  • 毎週火曜日
  • 年末年始(12月29日~1月3日)
  • 蔵書点検期間(不定期)