ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類で探す > 市政情報 > 市の概要 > 市長の部屋 > 市長室 > 令和元年第16回定例記者会見

本文

令和元年第16回定例記者会見

  ↵

記者会見

令和元年第16回定例記者会見【令和元年10月15日(火曜日)午前11時 市役所議員控室】

市長あいさつ

 記者クラブの皆さまには、日頃からお世話になっており、ありがとうございます。週末の台風19号の通過の際には、本当にご苦労さまでした。
 台風19号では、皆さまもご存じのとおり、大きな災害をもたらしたところであります。伊豆半島に上陸して、東日本を縦断し、長野県、関東平野、福島県、宮城県、岩手県にも大きな被害を及ぼしたところであり、多くの方々が亡くなられました。改めまして、ここに哀悼の意を表し、行方不明者の方々ができるだけ早く発見されるよう祈念いたします。さらには、多くの皆さまが被災して不便な生活をされております。改めまして、心からお見舞いを申し上げます。
 後ほど、担当部から説明がなされますけれども、大船渡市におきましても、12日の夕方から翌日の夕方まで災害対策本部を設置し、徹夜で情報収集にあたったところでございます。その結果を受けて、13日の早朝から対応を取りました。市の四役で市内の要所を巡ったところ、幸いにして、市道の土砂崩れの箇所は、作業がほぼ終了段階にありました。生活道路については、復旧に少し時間のかかる場所がございました。また、大水によって道路のアスファルトがめくれている場所があり、非常に驚きました。
 大船渡市におきましては、大きな災害でありましたけれども死者もなく、東日本大震災に比べますと、大きな広がりにならずに済んだところであります。盛川の氾濫を覚悟しておりました。利水の状況、鷹生ダムの水位、間違っても放流はないだろうという希望的な思いで過ごしたところであります。被災の状況は、把握しきっておりますけれども、林道の奥、海の養殖などは、時間をかけて被災程度を把握して参りたいと思います。

 それでは、さっそく本日の会項目でありますが、全体で4項目ございます。この中のうち、1項目につきまして、私から概要をご説明申し上げます。
 残りの3項目につきましては、担当部から説明を行います。

1 ヤフー株式会社との災害に係る情報発信等に関する協定の締結について

 災害発生時に必要な情報を迅速に提供するため、このほどヤフー株式会社と「災害に係る情報発信等に関する協定」を締結しましたので、お知らせするものであります。
 協定締結により、災害時には市のホームページのキャッシュサイト(コピーしたサイト)がヤフーサービス上に作成され、アクセス集中による負荷を軽減することができます。
 また、避難勧告等の避難情報や避難所の情報などを、ヤフー防災速報アプリやヤフーのホームページを通じて発信することができますので、パソコンやスマートフォン等で容易に情報を取得できるようになるものです。

会見項目

  1. 台風19号接近に伴う大船渡市の対応状況について(総務部防災管理室) [PDFファイル/201KB]
  2. ヤフー株式会社との災害に係る情報発信等に関する協定の締結について(総務部防災管理室) [PDFファイル/136KB]
  3. 令和元年度大船渡市住宅リフォーム助成事業について(都市整備部住宅公園課) [PDFファイル/193KB]
  4. ジャズコンサート「What’s Jazz? From New York」の開催について(教育委員会事務局生涯学習課) [PDFファイル/158KB]
  5. 令和元年10月後半の行事予定等について(企画政策部秘書広報課) [PDFファイル/198KB]

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


市長あいさつ
市長プロフィール
施政方針
市長コラム
週間予定表
記者会見
市政に関するご意見・ご提言