ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類で探す > 市政情報 > 市の概要 > 市長の部屋 > 市長室 > 令和2年第8回定例記者会見

本文

令和2年第8回定例記者会見

 ↵

記者会見

令和2年第8回定例記者会見【令和2年6月11日(木曜日)午前11時 市役所議員控室】

市長あいさつ

 記者クラブの皆さまには、日頃からたいへんお世話になっているところであり、厚く御礼を申し上げます。
 緊急事態宣言が全面解除されてから、2週間以上経過しておりますけれども、今は、6月1日から18日までの第2ステップ目の移行期間でございます。東京、神奈川等の首都圏、北海道を除く越境の自粛が緩和され、観光も少しずつステップアップしていこうという流れになっており、最近は他県ナンバーの車も見るようになってきました。我々も検査や医療などの分野に気を配りながら経済活動、社会活動を一歩ずつ元の状態に戻してまいりたいと考えておりますので、どうか皆さまにはご協力をお願いしたいと思います。
 それでは、さっそく本日の会見項目でありますが、全体で2項目ございます。

1 令和2年大船渡市議会第2回定例会への提出議案等について

 明日、6月12日に招集いたします令和2年市議会第2回定例会でございますが、提出する議案等は、合わせて17件であります。
 その内訳は、
・ 令和元年度会計の繰越計算書等に関する報告が、3件
・ 条例に関する議案が、8件
・ 令和2年度補正予算に関する議案が、3件
ほかであります。
また、一般質問は、13人の議員から通告がなされております。

2 大船渡市就学援助費受給世帯臨時給付金支給事業について

 市では、新型コロナウイルス感染拡大に伴う市内経済や市民生活等への影響を考慮し、その対策として、産業分野の事業者や生活困窮者に関する市独自の支援策の第1弾を4月24日に、その後、5月12日には第2弾を打ち出してきたところですが、各分野への影響を考慮し、この度、第3弾の取組の一つとして当該事業を実施することとした次第であります。
 この事業については、保護者の経済的な負担軽減を図ることを目的としており、就学援助費の受給世帯を対象に、令和2年7月中旬をめどに、1世帯当たり3万円の給付金を支給するものであります。
 なお、この取組における事業費につきましては、会見項目の「1」で説明しました補正予算に措置したところであります。
 この他にも現在、事業者支援に係る対象業種の拡大等についても検討中であり、その取組内容が整い次第、関連予算を措置した補正予算等を本定例会に追加提案したいと考えております。
 なお、引き続き、国や県の動向を注視しつつ、市内経済や市民生活等への影響を考慮しながら、適切に実施して参りたいと考えております。
 私からの概要説明は以上でありますが、提出議案の補足説明は担当部長が行いますので、よろしくお願いいたします。

会見項目

  1. 令和2年大船渡市議会第2回定例会への提出議案等について(総務部総務課・財政課)
    大船渡市議会のホームページからご覧ください
  2. 大船渡市就学援助費受給世帯臨時給付金支給事業について(教育委員会事務局学校教育課) [PDFファイル/104KB]
  3. 令和2年6月後半の行事予定等について(企画政策部秘書広報課) [PDFファイル/119KB]

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


市長あいさつ
市長プロフィール
市政懇談会
施政方針
市長コラム
週間予定表
記者会見
市政に関するご意見・ご提言