ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類で探す > 市政情報 > 市の概要 > 市長の部屋 > 市長室 > 令和3年第1回定例記者会見

本文

令和3年第1回定例記者会見

記者会見

令和3年第1回定例記者会見【令和3年1月19日(火曜日)午前11時 議員控室】

市長あいさつ

 記者クラブの皆さまには、日頃からたいへんお世話になっているところであり、厚く御礼を申し上げます。

 さて、国内で新型コロナウイルス感染事例を初めて確認してから、1年が経過しました。
 緊急事態宣言の再発令など、一向に感染拡大の波は収まっていない中ではありますが、一方で、感染症収束への大きな鍵となるワクチン接種が、国の薬事承認がおりしだい、2月中旬以降の医療従事者を皮切りに、予定では3月下旬以降、高齢者等から順次開始される予定となっております。
 こうような状況を踏まえ、先般、市では、ワクチン接種の所管部署であります「生活福祉部健康推進課」について、新たに職員4名の兼務発令をするなど、ワクチン接種にかかる庁内体制を整えたところであります。
 今後とも、来るべき市民向けワクチン接種開始へ向けて、準備に万全を期して参りたいと考えおります

 それでは、さっそく本日の会見項目でありますが、全体で2項目ございます。

1 特例福祉灯油助成事業の実施について

 この事業につきましては、震災後、毎年度、この時期に実施してきておりますが、厳冬期の経済的負担の軽減を図り、市民生活の安定と福祉の増進に寄与することを目的として、市町村民税非課税の高齢者世帯などを対象に「大船渡特例福祉灯油助成券」として、1世帯当たり5,000円分の大船渡地域商品券を交付するものであります。
 灯油助成券の交付を受けるには申請していただく必要があり、申請期間は1月25日から2月26日まで、申請場所としては、本庁地域福祉課のほか2会場に加え、出張受付会場も設けることとしております。
 なお、この出張受付会場の設定日数につきましては、例年ですと4日間であるものを、感染リクス低減のための「分散」を考慮し、6日間増の10日間としたところであります。

 会見項目「2」の説明につきましては、担当部長が行いますので、よろしくお願いいたします。私からは以上であります。

会見項目

  1. 特例福祉灯油助成事業の実施について(生活福祉部地域福祉課) [PDFファイル/208KB]
  2. 大船渡市立博物館特別陳列事業の実施について(教育委員会事務局市立博物館) [PDFファイル/548KB]
  3. 3.令和3年1月後半・2月前半の行事予定等について [PDFファイル/132KB]

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


市長あいさつ
市長プロフィール
市政懇談会
施政方針
市長コラム
週間予定表
記者会見
市政に関するご意見・ご提言