ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類で探す > 市政情報 > 市の概要 > 市長の部屋 > 市長室 > 平成31年第2回定例記者会見

本文

平成31年第2回定例記者会見

記者会見

平成31年第2回定例記者会見【平成31年2月7日(木曜日)午前11時 市役所議員控室】

市長あいさつ

 記者クラブの皆様には、日頃からたいへんお世話になっているところであり、厚く御礼を申し上げます。

 先日、2月3日の日曜日、末崎町の「世界の椿館・碁石」におきまして、市民の皆さんや関係者のご出席のもと、「三陸・大船渡第22回つばきまつり」の開催式を行いました。つばきまつりは「市の花・つばき」や「椿の里・大船渡」の周知を図り、市の魅力を内外に発信し、冬季の観光イベントとして交流人口の増加を図ろうとするものであり、今年は3月24日まで50日間の予定で開幕したところであります。
 また、開催式終了後には、平成30年度産つばきの実収穫活動におきまして、多くの実を集めていただきました個人3名、団体2団体、学校3校に感謝状を贈りました。集められたつばきの実につきましては、業者に引き取られ、全量搾油される予定であります。
 引き続き、地域資源としてのつばきを産業振興や地域活性化につなげて参りたいと考えております。

 それでは、本日の会見項目でありますが、3項目でありまして、その概要についてご説明申し上げます。

1 協同組合南三陸ショッピングセンターとの津波時における一時避難施設としての使用に関する協定締結について

 協同組合南三陸ショッピングセンター様のご協力をいただきまして、盛町のサン・リアショッピングセンターを津波避難ビルに指定する協定内容がまとまり、来たる2月12日に調印式を開催する運びとなりましたので、お知らせするものであります。
 津波避難ビルの指定により、津波警報等が発表された場合には、サン・リアの3階と屋上駐車場に一時避難が可能となり、交通量の多い国道45号を渡らなくても、安全に高い場所に避難できることになります。

2 東日本大震災八周年大船渡市犠牲者追悼式の開催について

 東日本大震災で尊い命を落とされました方々の御霊をお慰めするのと同時に、命の尊さ、人と人との絆の大切さを再認識し、併せて、新たな暮らしへの出発の一助とすべく、大震災の発生から8年となります3月11日、リアスホールにおいて追悼式を開催するものであります。
 当日は、政府主催の追悼式の映像中継や、防災行政無線のサイレン吹鳴による黙とうなどを行う予定であります。

3 「大船渡のプレミアム料理フルコース~海・山からの贈り物を使って~」の開催について

 四季折々に、新鮮な食材を入手できる当市でありますが、それゆえに素材を生かしたシンプルな調理法で食べることが多く、専門的な料理店も限られていることから、ハイクラスな料理に触れる機会が少ないのが現状ではないでしょうか。
 そこで、2月26日にフレンチ・イタリアンのシェフをお招きし、普段、家庭では調理が難しいハイクラスな料理を、お手ごろな価格で楽しむことができる機会を設定いたしましたので、お知らせするものであります。地元食材の可能性を再認識していただければ幸いであります。

会見項目

  1. 協同組合南三陸ショッピングセンターとの津波時における一時避難施設としての使用に関する協定締結について(総務部防災管理室) [PDFファイル/92KB]
  2. 東日本大震災八周年大船渡市犠牲者追悼式の開催について(総務部防災管理室) [PDFファイル/102KB]
  3. 「大船渡のプレミアム料理フルコース~海・山からの贈り物を使って~」の開催について(商工港湾部観光推進室) [PDFファイル/172KB]
  4. 平成31年2月の行事予定等について(企画政策部秘書広報課) [PDFファイル/146KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


市長あいさつ
市長プロフィール
市政懇談会
施政方針
市長コラム
週間予定表
記者会見
市政に関するご意見・ご提言