ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

補助金のご案内

 大船渡市では、東日本大震災により被災した方々の自力による住宅再建を支援するため、被災した人が、市内に一戸建ての住宅等を新築または購入(建築後、未使用のものに限る。)する場合の水道工事費の一部に対し、補助金を交付します。

1.補助の対象となる人

 大船渡市内に一戸建ての住宅または併用住宅を新築または購入する場合の給水装置等の工事を行う人で、震災により住宅が全壊した世帯または半壊した世帯であって、被災者生活再建支援金の基礎支援金および加算支援金を需給している人
 ※「大船渡市津波防災のための建築制限等に関する条例」に基づく災害危険区域内においては、この条例に規定する建築制限に適合する建築物の適合する建築物の工事である場合に限ります。
 ※併用住宅=居住部分の床面積の割合が2分の1以上の家屋をいいます。

2.補助の対象となる経費

補助の対象となる方が行う次の給水装置等の工事に要する経費

  1. 配水管(本管)から分岐して住宅敷地内の最初の止水栓までの給水管敷設工事
  2. 水道水の安定供給を図るためのポンプ、受水槽等の設置工事
  3. 水道が完備されている土地を購入した場合の、前記(1)および(2)に相当する工事
  4. 飲用に供する自家用の水道工事(井戸の掘削等)

3.補助の対象とならない経費

次の水道工事に要する経費等は補助の対象となりません。

  1. 止水栓に接続する住宅内の給水装置の新設等の工事
  2. 防災集団移転促進事業や土地区画整理事業などの他の補助金の交付を受けた場合の水道工事
  3. 営利を目的とする不動産事業に供する住宅整備に伴う水道工事等

4.補助金の額

 補助の対象となる経費の種類に応じ、市が別に定める基準額から算出した総額の2分の1相当額(千円未満の端数は切り捨て)を補助します。限度額は200万円です。
 ただし、経費の種類に応じ、基準額から算出した総額が10万円未満の場合は、補助金は交付されません。
 ※基準額について
 補助の対象となる工事の種類に応じ、その工事に必要な標準的な経費により積算した工事費です。

基準額一覧 [PDFファイル/114KB]

5.補助対象期間

 平成23年3月11日から令和3年3月31日までです。
 ※平成23年3月11日以降に行った住宅移転に伴う水道工事で、令和3年3月31日までに完了(住宅の建築または購入を含む。)していることが必要です。

6.補助金の申請方法

事前に相談を

 補助金額は、住宅を再建する場所や給水装置の工事方法などにより大きく異なります。詳しい内容を知りたい人や申請を予定している人は、住宅再建の支援に関する相談窓口(市役所本庁1階第4会議室)、または水道事業所、簡易水道事業所にご相談ください。

申請方法

大船渡市住宅移転等水道工事費補助金交付申請書 に次の書類を添付して、市役所1階第4会議室の受付窓口に申請します。(業者代行可)

  1. 補助基準額算定調書[Wordファイル/48KB]
  2. り災証明書の写し
  3. 被災者生活再建支援金支給通知書の写し
  4. 住宅の新築または購入に係る契約書の写し
  5. 水道工事のうち、対象経費の見積書
    工事内容のわかる見積書を添付してください。
  6. 位置図および配置図
    施工場所の位置図、配置図を添付してください。
  7. 給水管布設平面図および立面図
    施工箇所の平面図、立面図を添付してください。
    自家用の水道工事の場合は、施工図を添付してください。
  8. 公図の写し

 ※大船渡市内で被災し、加算支援金の支給を受けている世帯の方は、上記(2)および(3)の書類を、この補助金制度の施行前に水道工事(住宅工事を含む)が完了している場合は、(5)の書類の添付を省略することができます。

この補助金の交付までの手続きの流れについては、次のファイルを参照願います。

補助手続きの流れ[PDFファイル/33KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)