ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織で探す > 防災管理室 > 防災・市民メディアサービスってなに?

本文

防災・市民メディアサービスってなに?


 「防災・市民メディアサービス」とは、今回構築された防災情報通信基盤を活用して、「FMねまらいん<外部リンク>」「地域のきずなサービス」「市域内無線ネットワークサービス」等のサービスを民間会社である特定非営利活動法人「防災・市民メディア推進協議会<外部リンク>」が提供するサービスです。

 災害時には下図のように従来の大船渡市の防災計画に基づく行政スキームにドッキングする形で、民間による情報収集・配信を行い連携することで災害時の情報共有の質的な向上を図ろうとするものです。

図1 行政機能と民間機能を連携させた防災情報の伝達スキーム

図1の画像

平常時には、これら防災用の情報基盤を地域の様々な情報化ニーズを吸収する形で「割り勘モデル」を作ることで、構築費用、ランニング費用の削減を図り、より実現しやすい環境整備を図ります。

図2

図2の画像