ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織で探す > 住宅公園課 > 令和元年台風19号に係る応急仮設住宅(民間賃貸借上げ)のご案内

本文

令和元年台風19号に係る応急仮設住宅(民間賃貸借上げ)のご案内


■令和元年台風19号に係る応急仮設住宅(民間賃貸借上げ)のご案内

 

 岩手県では、令和元年台風19号により住宅に甚大な被害を受けた方を対象に、災害救助法に基づく応急仮設住宅(賃貸型応急仮設住宅、いわゆる「みなし仮設住宅」)を借り上げて提供します。

 

1 対象となる世帯(要件)

(1)~(3)のすべてに該当する方が対象です。

 (1)被災時において、大船渡市に住所を有していた方

 (2)災害救助法に基づく応急修理制度を利用しない方

 (3)次のA~Cのいずれかに当てはまる方

   A 住宅が全壊、全焼または流出等の被害を受け、現在、避難所にいる方、

     ホテル・旅館、公営住宅等を避難所として利用されている方や、

     親族宅等に身を寄せられている方

   B 「半壊」(「大規模半壊」を含む。)であっても、水害により流入した土砂や

     流木等により住宅としての利用ができず、自らの住居に居住できない方

   C 二次災害等により住宅が被害を受ける恐れがある、ライフライン

     (水道、電気、ガス、道路等)が途絶している、地すべり等により避難指示等を

     受けているなど、長期にわたり自らの住居に居住できない方

 

2 賃貸借契約の基本事項

(1)対象物件

    原則として大船渡市内の民間賃貸住宅(アパート、借家等)

【家賃の上限】

入居世帯人数

住宅間取り

月額賃料

1人(単身)

1k

52,000円

1~2人

1dk

62,000円

2人

2k

65,000円

2~3人

2dk

68,000円

2~4人

2Ldk

88,000円

4人

3dk

77,000円

4人以上

3Ldk

89,000円

 

 (2)契約形態

          貸主・県(借主)・被災者(入居者)の三者契約

 

 (3)入居期間

    2年以内

 

 (4)費用負担

   【県が負担する費用】毎月の賃料及び共益費・管理費、

             借家人賠償責任保険料(2年分)、

             媒介手数料(賃料の0.55ヵ月分)、退去時補修費

   【入居者が負担する費用】公共料金、駐車場料金など

 

 被災時に大船渡市外に住んでいた方は、被災時に住んでいた市町村の窓口へ、お問い合わせください。

 

 

 【問い合わせ先】住宅公園課(内線329)