ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類で探す > くらしの情報 > 医療・健康 > 予防接種 > 新型コロナワクチンの有効期限の取扱い

本文

新型コロナワクチンの有効期限の取扱い


新型コロナワクチンの有効期限の取扱い

 ファイザー社ワクチン及びモデルナ社ワクチンの有効期間については、薬事上の手続きを経て、有効期間が延長されているため、印字されている有効期限よりも実際に接種することができる有効期限が長い場合があります。

ファイザー社ワクチン(12歳以上用)について

 ファイザー社ワクチン(12歳以上用)は、令和3年9月10日に、-90℃~-60℃で保存する場合の有効期間が「6か月」から「9か月」に延長され、令和4年4月22日に「9か月」から「12か月」に、令和4年8月19日に「12か月」から「15か月」に延長されました。
 一方で、有効期限が令和4年2月28日以前となっているワクチンは、有効期間が6か月という前提で有効期限が印字されています。また、「ロットNo.別ファイザー社ワクチン(12歳以上用)の有効期限」中、「有効期間9か月のロット一覧」に記載しているロットNo.のワクチンは、有効期間が9か月であるという前提で印字されています。
 これらのワクチンについては、有効期間が15か月まであるワクチンとして取り扱って差しつかえないこととしています。
 具体的な有効期限は、「ロットNo.別 ファイザー社ワクチン(12歳以上用)の有効期限」<外部リンク>をご確認ください。

ファイザー社ワクチン(5~11歳用)について

 ファイザー社ワクチン(5~11歳用)については、令和4年1月21日に薬事上の承認がされ、-90℃~-60℃で保存する場合の有効期間は「9か月」となっており、同年4月22日に「9か月」から「12か月」へと更に延長されました。
 一方で、有効期限が令和4年5月31日以前となっているワクチンは、有効期間が6か月という前提で有効期限が印字されています。また、「ロットNo.別 ファイザー社ワクチン(5~11歳用)の有効期限」中、「有効期間9か月のロット一覧」に記載しているロットNo.のワクチンは、有効期限が9か月であるという前提で印字されています。
 これらのワクチンについては、有効期間が12か月まであるワクチンとして取り扱って差しつかえないこととしています。
 具体的な有効期限は、「ロットNo.別 ファイザー社ワクチン(5~11歳用)の有効期限」<外部リンク>をご確認ください。

モデルナ社ワクチンについて

 モデルナ社ワクチンは、-15℃~-25℃で保存する場合の有効期間が、令和3年7月16日には「6か月」から「7か月」に延長され、同年11月12日には「7か月」から「9か月」に延長されました。
 一方で、有効期限が令和4年3月1日以前となっているワクチンは、ロットNo.3004733のワクチンを除き、有効期間が6か月であるという前提で有効期限が印字されています。また、「ロットNo.別 モデルナ社ワクチンの有効期限」中、「有効期間7か月のロット一覧」に記載しているロットNo.のワクチンは、有効期間は7か月であるという前提で有効期限が印字されています。
 これらのワクチンについては、有効期間が9か月まであるワクチンとして取り扱って差しつかえないこととしています。
 具体的な有効期限は、「ロットNo.別 モデルナ社ワクチンの有効期限」<外部リンク>をご確認ください。

関連リンク

【厚生労働省】新型コロナワクチンの有効期限の取扱いについて<外部リンク>

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)