ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

予防接種


予防接種

A類疾病

 子どもの健康を守るため、さまざまな予防接種を行っています。予防接種の種類と受ける時期は次のとおりです。

小学校入学前に受ける定期接種
予防接種名 対象者 回数 接種間隔・注意事項等
B型肝炎 生後2か月~生後1歳未満 3回

生後2か月から27日以上の間隔をおいて2回接種し、
1回目の接種から139日(20週)以上の間隔をおいて3回目を接種

ヒブ

接種開始時期が
生後2か月~7か月未満

初回3回 生後12月に至るまでの間に、27日以上
追加1回

初回接種終了後、7月以上
※ただし、生後12月までに回の初回接種を終了せず
に追加接種を行う場合は、初回接種終了後、27日以上

接種開始時期が生後7か月~1歳未満 初回2回 生後12月に至るまでの間に、27日以上
追加1回 初回接種終了後、7月以上※ただし、生後12月までに2回の初回接種を終了せずに追加接種を行う場合は、初回接種終了後、27日以上
接種開始時期が生後1歳~5歳未満 1回  
小児用肺炎球菌 接種開始時期が生後2か月~7か月未満 初回3回 生後24月に至るまでの間に、27日以上
※ただし、2回目の接種が生後12月を越えた場合、3回目の接種は行わない。
追加1回 初回接種終了後、60日以上の間隔をおいて、生後12月に至った以降
接種開始時期が生後7か月~1歳未満 初回2回 生後24月に至るまでの間に、27日以上
追加1回 初回接種終了後、60日以上の間隔をおいて、生後12月に至った日以降
接種開始時期が生後1歳~2歳未満 2回 60日以上
接種開始時期が生後2歳~5歳未満 1回  
4種混合
(ジフテリア・百日咳・破傷風・ポリオ)
生後3か月~7歳6か月未満

1期初回3回

20日以上
1期追加1回 1期初回接種(3回)終了後、6月以上
BCG 1歳未満 1回  
麻しん・風しん混合(MR) 生後12か月~24か月未満 1期1回  
次年度小学生になる
満5歳以上7歳未満の年長児
2期1回  
水痘 生後12か月~36月未満 2回 3月以上
日本脳炎 生後6か月~7歳6か月未満 1期初回2回 6日以上
1期追加1回 1期初回終了後6月以上
小学校入学以降に受ける定期接種

予防接種名

 

対象者 回数 接種間隔・注意事項等
日本脳炎 9歳以上13歳未満 2期1回  
2種混合
(ジフテリア・破傷風)
11歳以上13歳未満 2期1回
子宮頸がん予防ワクチン 中学1年生~高校1年生
の年齢に相当する女子
2価「サーバリックス」
3回
1月以上の間隔をおいて2回接種した後、1回目の接種から5月以上、かつ2回目の接種から2月半以上
4価「ガーダシル」
3回
1月以上の間隔をおいて2回接種した後、3月以上

子宮頸がん予防ワクチンの積極的な接種の勧奨を差し控えます

 平成25年6月14日に開催された厚生労働省の第2回厚生化学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会において、子宮頸がん予防ワクチンの副反応報告について審議が行われました。
 この結果、ワクチンとの因果関係が否定できない持続的な疼痛が子宮頸がん予防ワクチン接種後に、特異的に見られたことから、副反応の発生頻度等がより明らかになるまでの間、子宮頸がん予防ワクチンの定期接種を積極的に勧奨しないよう、厚生労働省から勧告がありました。
 本市においても、厚生労働省健康局長の勧告通知に基づき、子宮頸がん予防ワクチンの接種につきましては、積極的な接種の勧奨を差し控えることとなりましたのでお知らせします。
 今回の措置で、接種間隔を超えるまたは定期接種が受けられる期間内での接種ができなくなるなどのケースが想定されますが、国では今後方針が出せるよう検討するとのことです。

厚生労働省健康局長通知

 「ヒトパピローマウイルス感染症の定期接種の対応について(勧告)」<外部リンク>

日本脳炎予防接種の機会を逃した人について

 平成7年4月2日から平成19年4月1日生まれの人は、日本脳炎の予防接種が不十分になっているため、4歳以上20歳未満の間、不足分を定期予防接種として受けられるようになりました。対象の人へは年齢ごとに順次ご案内します。

対象者 回数 標準的な間隔
平成7年4月2日~平成19年4月1日生まれで、日本脳炎予防接種が完了していない人(接種回数が0~3回)※20歳未満までの間は定期接種が可能です。 1期初回2回 6日以上
1期追加1回 1期初回終了後、6月以上
※おおむね1年経過後
2期1回 1期追加終了後、6日以上※5年後が望ましい
※9歳~20歳未満に完了

日本脳炎についてのご案内

B類疾病

 個人の罹患や重症化予防のために、対象年齢の人のうち希望者に下記の予防接種を行います。予防接種の種類や時期は次のとおりです。

予防接種名 対象者 回数 助成額 注意事項等
季節性
インフルエンザ
  • 接種日に65歳以上
  • 接種日に60歳以上65歳未満であって、心臓、じん臓または呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活が極度に制限される程度の障害を有する人及びヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんどか不可能な程度の障害を有する人
1回

2,000円

(10~12月)

対象者のうち希望者は毎年接種することができます。
高齢者用
肺炎球菌
  • 年度内に65歳になる人
  • 60歳以上65歳未満であって、心臓、じん臓または呼吸
    器の機能に自己の身辺の日常生活が極度に制限される程度の障害を有する人及びヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんどか不可能な程度の障害を有する人
1回 5,000円 生涯に1回だけ定期接種で受けることができます。

高齢者肺炎球菌とは

 肺炎球菌症は、肺炎球菌という細菌によって引き起こされる病気です。日常生活で起こる肺炎の原因菌は、肺炎球菌が一番多いと言われており、特に高齢者での重篤化が問題になっています。肺炎球菌には90種類の型があり、このワクチンは、そのうちの23種類の型に効果があります。また、この23種類の型は、成人の重症の肺炎球菌症の約7割を占めると言われています。

接種対象年齢及び接種回数

  • 接種対象年齢
    • 年度内に65歳になる人
    • 60歳以上65歳未満であって、心臓、じん臓または呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活が極度に制限される程度の障害を有する人及びヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんどか不可能な程度の障害を有する人
  • 接種回数 1回

経過措置

 今年度は、下記の年齢の人が定期接種で受けることができます。ただし、これまで、肺炎球菌ワクチンの接種を受けたことがある人は対象となりません

令和元年度高齢者肺炎球菌予防接種対象者
年齢 生年月日
65歳 昭和29年4月2日生~昭和30年4月1日生
70歳 昭和24年4月2日生~昭和25年4月1日生
75歳 昭和19年4月2日生~昭和20年4月1日生
80歳 昭和14年4月2日生~昭和15年4月1日生
85歳 昭和9年4月2日生~昭和10年4月1日生
90歳 昭和4年4月2日生~昭和5年4月1日生
95歳 大正13年4月2日生~大正14年4月1日生
100歳 大正9年4月1日以前に生まれた方

その他

  • 令和元年度に限り100歳以上も対象とする。
  • 5年以内に接種を受けた人が再接種すると、注射した部分が硬くなる、痛む、赤くなるなどの症状が強く出ることがあります。
  • 平成23年度に日本赤十字社の支援で、市内各医療機関で高齢者肺炎球菌ワクチンの無料接種が実施されました。当時の接種の有無はかかりつけの医療機関にご確認ください。

任意接種

ロタウイルスワクチン任意接種費用助成について

 市ではロタウイルスワクチンを任意接種する際の費用を全額助成します。接種を希望する場合は、出生届時に配布される、予防接種のお知らせに同封されている説明書をよく読み、予防効果や副反応について十分に理解していただき、医師に相談の上接種してください。
 ※「任意接種」とは、予防接種法に基づかない予防接種で、保護者の希望により接種するものです。

  • ロタウイルス胃腸炎とは
    乳幼児がかかりやすい急性の胃腸炎で、ロタウイルスが原因です。白っぽい水のような下痢や激しいおう吐が特徴で、症状がひどいと脱水症で入院による治療が必要になったり、脳炎・脳症などの重い合併症を起こすこともあります。
  • ロタウイルスワクチンについて
    ロタウイルスワクチンは、シロップ状の飲むワクチンで国内では現在2種類のワクチンが使用されています。ワクチンによって対象月齢や接種回数が異なりますので、ご注意ください。必ず1回目と同じワクチンで接種を完了しましょう。
ワクチン名 ロタリックス(1価ワクチン) ロタテック(5価ワクチン)
接種回数 2回 3回
接種期間 生後6週~24週未満 生後6週~32週未満
接種間隔 4週間以上

 ※どちらのワクチンも1回目はできるだけ生後14週6日までに接種することが推奨されています。
 ※ロタウイルスワクチンは生ワクチンで、接種後に4週間以上の間隔を空けなければ次のワクチンを接種できません。
 乳児期に受けるワクチンはたくさんありますので、接種を希望する場合は医師に相談の上、早めにスケジュールを組んで、余裕をもって接種してください。

  • 助成対象者
    上記の表の接種期間内で、接種日に大船渡市に住民票があるお子さん
  • 助成額
    接種費用の全額※無料で接種できます。
  • 持ち物
    母子健康手帳※予診票は医療機関のものを使用してください。

小児インフルエンザ予防接種費用助成について

 市では、インフルエンザの感染拡大防止のため、下記の対象者に接種費用を助成しています。
 インフルエンザは毎年冬に流行します。特に、子どもは気管支炎や肺炎、まれに脳炎を起こすこともある、重大な病気です。
 予防接種を受けることで、インフルエンザにかからない、また、かかっても症状が抑えられ、合併症になったり、亡くなったりする危険が低下することが分かっています。
 抵抗力がつくまでには、接種から2週間ほどかかります。
 また、インフルエンザの予防には、予防接種を受けるだけでなく、日頃の手洗い、うがい、マスクの着用、せきエチケットが大切です。

  • 助成対象者 生後満6か月~中学生
  • 接種回数 13歳未満:2回 13歳以上:1回
  • 接種料金
    1回につき、2,000円を市が負担します。料金は医療機関によって異なりますので、差額は個人負担となります。医療機関ごとの接種料金については、直接医療機関にお問い合わせください。
  • 接種期間 10月1日から1月31日
  • 接種方法 下表の医療機関で受診してください。その他の医療機関での接種を希望する場合は、事前にお問い合わせください。
  • 持ち物 母子健康手帳
    ※予診票は医療機関のものを使用してください。
  • 実施医療機関
    接種は予約制です。また、医療機関により接種可能な年齢が異なりますので、事前に医療機関にお問い合わせください。
大船渡市
医療機関名 電話番号
大船渡病院 26-1111
石倉クリニック 21-2525
いとう耳鼻咽喉科クリニック 21-1333
岩渕内科医院 26-5355
うのうらクリニック 21-3636
えんどう消化器科内科クリニック 21-1555
大津医院 27-2673
菊田外科・泌尿器科 26-4075
菊池医院 21-1620
滝田医院 29-3108
山浦医院 26-3121
吉浜診療所 45-2007
陸前高田市
医療機関名 電話番号
岩手県立高田病院 54-3221
鵜浦医院 55-2125
鳥羽医院 56-3515
二又診療所 58-2220
済生会陸前高田診療所 22-7515
住田町
医療機関名 電話番号
岩手県立大船渡病院付属住田地域診療センター 46-3121