ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類で探す > しごとの情報 > 産業振興 > 農林業 > ”椿のタネ”集めにご協力ください

本文

”椿のタネ”集めにご協力ください


”椿のタネ”集めにご協力ください

   市では、椿油の生産量を増やすため、椿のタネの収穫増の呼びかけを行っています。市内には多くの椿がありますが、タネを採る人が少なく、十分な原料が集まっていません。椿のタネの収穫期は10~12月頃で、以下の通り業者が買い取りしています。
   個人のほか、市民活動や町内会でも取り組みが出来ますので、皆さんのご協力をお願いします。

                                          椿タネ集めポスター

■椿のタネの採取方法
   椿の実を直接、枝からもぎ取ります。果実が割れ始めたときが実の取り頃です。青い実が熟して硬くなってきても、割れるまでは我慢しましょう。実をもぎ取った後に、天日で1~2日置いておくと、実が開いてタネが見えてきます。

〇注意事項
   ※ 実を採取するため、私有地などに立ち入る場合は、必ず所有者の承諾を得てください。
   ※ 椿が自生する急斜面で採取する際は、足元に十分注意してください。

■タネの選別と乾燥
   椿の実を割ってタネを取りだします。虫食いやカビ、赤茶けた色のタネは取り除き、こげ茶色で中身にツヤのあるものを選んで、十分に乾燥させます。
   ※ 落ちているタネを拾う場合も、上記の点に留意してください。
椿の実 椿のタネ
               椿の実                                            椿のタネ

■回収期間   12月19日(日)まで

■回収方法
1.選別したタネを通気性の良い粗目の収穫ネットなどに入れます。
    ※ビニール袋には絶対に入れないでください。タネがかびたり、虫が発生したりします。
    ※タネ以外の石やごみは取り除いてください。
2.メモ用紙等に、氏名、住所、電話番号、タネを集めた地域、採取日、お届け日を記入の上、タネと共に収穫ネットに入れます。
3.回収場所の受付時間内に直接持ち込んでください。

   詳細は、椿タネ集めチラシ [PDFファイル/2.29MB]をご覧ください

 椿油の効果・活用方法

■効果
   椿油の主な成分はオレイン酸という脂肪酸で動脈硬化や心臓病、糖尿病を予防する効果があります。また、オレイン酸は人の肌に近い成分で、肌に馴染みやすく保湿効果も高いので、美容にも優れています。
   ※椿油のオレイン酸含有量=約85%(オリーブオイル=約75%)

 ■用  途
   〇料理…天ぷら、鍋もの・けんちん汁(スープに加える)、ドレッシング(オイルやビネガー、ゴマなどをブレンド)、炊飯(炊く時にお米に足す)
   〇フェイシャルケア…メイク落とし、オイルパック
   〇頭皮ケア、髪のトリートメント
   〇ハンド&ネイルケア、全身の保湿ケア
   〇革製品や家具のお手入れ、金物のさび止め、燈明(神仏に供える灯火)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)