ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類で探す > しごとの情報 > 産業振興 > 新産業 > 体験プログラム等可能性調査業務に係る公募型プロポーザルの実施について

本文

体験プログラム等可能性調査業務に係る公募型プロポーザルの実施について


 大船渡市では、体験プログラム等可能性調査業務の実施にあたり、公募型プロポーザルにより受託業者の選定を行います。
 つきましては、本業務の企画提案を募集しますので、参加を希望される場合は、実施要領及び企画提案仕様書をご確認のうえ、必要書類を担当まで提出してください。

1 目的

 本業務は、観光誘客増加策として地域資源を生かした新たなコンテンツやプログラムの創出を図るため、当市の自然・文化・仕事といった「日常」の資源を掘り起こし、「異日常」体験プログラムに転換できる可能性を調査することを目的とするものである。

2 業務の概要

  1. 業務名 体験プログラム等可能性調査業務
  2. 業務内容 別添企画提案仕様書のとおり
  3. 業務期間 契約締結日から令和2年12月18日(金)まで
  4. 予算額 3,000,000円(消費税額及び地方消費税額を含む)

3 委託業者選定方法

 公募型プロポーザル(企画提案)方式

4 応募資格

 次に掲げる要件のすべてに該当する者とする。
 なお、単体による参加のほか、共同企業体による参加を認める。

(1) 宗教活動や政治活動を主たる目的とする団体、暴力団若しくは暴力団員の統制
の下にある民間企業等でないこと。

(2) 本業務の内容と同種又は類似する業務を行った実績を有していること。

(3) 租税公課の滞納がないこと。

(4) 地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第167条の4に該当する者でないこと。

(5) 会社更生法(平成14年法律第154号)の規定による更生手続きの開始の申立て中、
又は更生手続き中でないこと。

(6) 民事再生法(平成11年法律第225号)の規定による再生手続きの開始の申立て中、
又は再生手続き中でないこと。

(7) 暴力団員による不当な行為防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条に規
定する団体等や行為をする者に関わりがないこと。

 

5 実施要領、企画提案仕様書、質問書ほか提出書類

 別添ファイルのとおり

6 企画提案書の受付期間

 期間:令和2年7月30日(木)から8月21日(金)まで

 時間:午前8時30分から午後5時15分まで(土日を除く)

7 問い合わせ先及び企画提案書の提出先

 〒022-8501 岩手県大船渡市盛町字宇津野沢15番地
 大船渡市商工港湾部産業政策室 (担当:鈴木)
 Tel 0192-27-3111(内線:106)
 Fax 0192-26-4477
 E-mail ofunato@city.ofunato.iwate.jp

ダウンロード

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)