ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類で探す > くらしの情報 > 防犯・安全 > 消費生活 > 契約を解約する方法(クーリング・オフとは?)

本文

契約を解約する方法(クーリング・オフとは?)


訪問販売等で契約(申し込み)した場合、契約書(申込書)を受け取った日から8日以内は無条件で契約の解除(申し込みの撤回)ができます。
(これを「クーリン・グオフ」という。)
8日以内に契約を解除する旨の書面(内容証明郵便またはハガキ)を発行すれば、相手方に届くのは8日を過ぎても有効です。

※業者から受け取った契約書面にクーリング・オフの告知が記されていなければ8日を過ぎても大丈夫です。
クーリング・オフをすれば、支払った代金はすべて返金され、今後もいっさい請求されません。
商品を受け取っている場合は、引き取り費用は業者の負担で返品できますので、着払いを利用するといいでしょう。
※ 次のものはクーリング・オフできません。
 1. 3千円未満の商品などを購入し、その場で商品代金のすべてを支払った場合
 2. 原則、化粧品、健康食品などの「指定消耗品」を使用、消費した場合
 3. 乗用自動車の場合

販売会社への契約解除通知(内容証明郵便)の書き方
契約解除通知

クレジット契約をしている場合は、販売会社と同時に、クレジット会社へも通知します。
クレジット契約解除通知

※必ず書面(ハガキなど)で通知します。
※送る前にコピーを取り、特定記録郵便や簡易書留など、発信の記録が残る方法で送ります。