ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織で探す > 総務課 > 海上自衛隊東京音楽隊演奏会in大船渡の開催について

本文

海上自衛隊東京音楽隊演奏会in大船渡の開催について


海上自衛隊東京音楽隊演奏会in大船渡の開催について

下記のとおり、海上自衛隊東京音楽隊による演奏会を開催します。
貴重な機会ですので、ぜひご来場ください。
海上自衛隊東京音楽隊
1 日  時 令和元年8月29日(木曜日)午後6時30分開演(午後5時30分開場)

2 会  場 大船渡市民文化会館 大ホール

3 入 場 料 無料(入場整理券が必要)

4 入場整理券

 (1)申込方法 往復はがきに次の事項を明記の上、申し込みください。

  ◇往信はがきの表面 〒022-8501(住所記載不要)総務課演奏会担当

  ◇往信はがきの裏面 代表者の郵便番号、住所、代表者の氏名、代表者の電話番
            号、同伴者の氏名(1名まで)

  ◇返信はがきの表面 代表者の郵便番号、住所、代表者の氏名

  ◇返信はがきの裏面 何も記載しないこと


  (2)申込締切日=8月15日(木曜日)消印有効
   
   ※申し込みは1人はがき1枚とし、はがき1枚で2人まで申し込みできます。

   ※申し込み多数の場合は抽選で決定し、結果は返信用はがきで通知します。

海上自衛隊東京音楽隊プロフィール

 東京音楽隊は、海上保安庁音楽隊を前身とし、1952年海上警備隊音楽隊として発足しました。天皇陛下即位の礼(1990年)、皇太子殿下ご成婚パレード(1993年)をはじめ、オリンピック、世界陸上競技会、万国博覧会等の国家的な行事に参加しており、天皇陛下御即位記念式典等(2009年、2019年)においても演奏を行いました。
 また、ロシア海軍300周年記念行事(1996年)、大韓民国国際観艦式世界音楽祭(1998年)、ノルウェー・ミリタリー・タトゥー2014、バーゼル・タトゥー2016(スイス)、ロイヤル・ノバスコシア・インターナショナル・タトゥー2019(カナダ)等に招待され参加したほか、海上自衛隊が毎年実施している遠洋練習航海に隊員を派出し、世界各地の港を中心に音楽を通じての国際親善に貢献しています。
 国内では定期・定例演奏会をはじめ、全国各地でのコンサート、世界吹奏楽大会、日本吹奏楽指導者クリニック、21世紀の吹奏楽“響宴”等への出演に加え、CD録音にも積極的に取り組んでいます。2013年8月にリリースされた「祈り~未来への歌声」が、第55回日本レコード大賞企画賞、第28回日本ゴールドディスク大賞クラシック・アルバム・オブ・ザ・イヤー、第6回CDショップ大賞クラシック賞を受賞。2018年1月、米国ジョンフィリップスーザ財団より、世界の優秀な軍楽隊コンサートバンドに贈られる最も名誉ある賞「ジョージ・ハワード大佐顕彰」(スーザ賞)を受賞しました。

指揮者 2等海佐 樋口好雄氏プロフィール

隊長
 1981年海上自衛隊入隊。護衛艦「あやなみ」勤務の後、翌年打楽器奏者として東京音楽隊配属。1985年遠洋練習航海参加(オセアニア・東南アジア・インド方面)。1993年幹部候補生学校卒業後、初任幹部として横須賀音楽隊勤務。1994年東京藝術大学研修後、呉音楽隊、東京音楽隊勤務。1998年大湊音楽隊音楽科長、翌1999年東京音楽隊音楽科長の後、2003年舞鶴音楽隊長に就任。2005年自衛隊福井地方協力本部広報室長、2007年呉音楽隊長に就任。2009年桐朋学園大学音楽学部指揮科研究生。課程修了後、2011年大湊音楽隊長、2013年横須賀音楽隊長に就任。2016年8月29日第18代東京音楽隊長に就任。
 指揮法を故遠藤雅古、汐澤安彦、山本七雄各氏に、打楽器全般を雨宮靖和氏、ラテンパーカッションを故小野寺猛氏に師事。
 2015年及び2018年の2度にわたり、米国ジョン・フィリップ・スーザ財団より「ジョージ・ハワード大佐顕彰」(スーザ賞)を受賞。
 International Military Music Society(国際軍楽協会)国際委員及び日本代表。日本吹奏楽指導者協会会員。駒澤大学卒。神奈川県出身。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)