ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織で探す > 総務課 > 広島・長崎の原爆投下時刻のサイレン吹鳴について

本文

広島・長崎の原爆投下時刻のサイレン吹鳴について


 今から76年前の8月6日、午前8時15分に広島へ原爆が投下されました。また、3日後の8月9日午前11時2分には長崎にも同様の惨劇がもたらされました。

 大船渡市では、昭和60年に非核平和都市を宣言しており、原爆の犠牲者に哀悼の意を表するとともに、世界の恒久平和を祈るため、原爆の投下時刻に防災行政無線のサイレンを鳴らします。

 当日は、サイレンに合わせ、黙祷を捧げられるようお願いします。

サイレン吹鳴日時

 ・8月6日(金曜日) 午前8時15分

 ・8月9日(月曜日) 午前11時2分

 ※サイレンに合わせ、黙祷を捧げられるようお願いします。

非核平和都市宣言(昭和60年9月10日宣言)

 我が国は、世界唯一の核被爆国として、この地球上に再び広島、長崎の惨禍を繰り返してはならないと訴えているところである。

 しかるに、核兵器の増強は、依然として続けられ、世界の平和と人類の生存に大きな脅威をもたらしている。

 大船渡市は、日本国憲法の基本原理であり人類共通の念願である恒久平和に向けて、将来ともに非核三原則が遵守され、また、あらゆる国の核兵器の廃絶と軍縮が推進されることを強く希求し、ここに非核平和都市であることを宣言する。

広島・長崎被爆パネル展の開催の見送りについて

 令和3年度の広島・長崎被爆パネル展は、昨年度に引き続き、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、開催を見送ります。