ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類で探す > くらしの情報 > 生涯学習・スポーツ・芸術文化 > スポーツ > 令和2年度大船渡新春四大マラソン大会の中止について

本文

令和2年度大船渡新春四大マラソン大会の中止について


 岩手県の陸上シーズンの幕開けを告げる大会として、例年、成人の日に開催される「大船渡新春四大マラソン大会」は、2,000人以上の大会関係者が集まる本市の一大スポーツイベントです。60年以上の歴史を有する伝統ある大会ですが、今年度は、新型コロナウイルス感染症の影響等を考慮し、大会を中止としましたのでお知らせします。

 

◇ 大船渡新春四大マラソン大会実行委員会では、県南地区の中学校・高校を対象としたアンケート調査の実施、医療機関をはじめとする関係機関との協議等を行いながら、大会開催に向けて検討を進めてきました。大会を中止とした主な理由としては、次の3点が挙げられます。

(1) アンケート調査によると、例年、大会参加者の多くを占める中高生の参加見込みが少ない。
(2) 新型コロナウイルスの今後の感染状況が見通せないこと、また、これから季節性インフルエンザの流行期を迎えることを考えると、たとえ屋外であっても、大人数の集まるイベントは大きなリスクになり得る。
(3) 年末年始には帰省による県をまたいだ人の往来が増えることから、大会の開催そのものが感染拡大を招くリスクがある。

 

◇ ランナーをはじめとする大会関係者の皆様の、健康と安全を第一に考えた結果でありますことを御理解願います。また、開催の検討に当たり、アンケート調査に御回答いただいた中学校・高校、貴重な御意見をいただきました関係機関の皆様に、深く感謝申し上げます。

 

◇関係者一同、来年度の開催に向けて、鋭意努力して参ります。何とぞ、よろしくお願い申し上げます。

 

トン