ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類で探す > しごとの情報 > 産業振興 > 雇用・就職・労働支援 > 石綿(アスベスト)関連疾病に対する労災補償制度について

本文

石綿(アスベスト)関連疾病に対する労災補償制度について


 ~その病気、その症状はアスベスト(石綿)が原因かもしれません~

 石綿による疾病と認定された場合、各種給付を受けることができます。
 過去に石綿を取り扱う仕事をしていなかったか、仕事で石綿を吸い込んだことはなかったか、思い出してください。
 家族が石綿による疾病で亡くなられた方も給付の対象となる場合があります。

 対象となる疾病は、次のとおりです。

  1. 中皮腫、
  2. 石綿原因性肺がん、
  3. 石綿肺、
  4. びまん性胸膜肥厚、
  5. 良性石綿胸水

 労災保険法に基づく療養補償給付や休業補償給付は2年以内であれば請求できますし、労働者が亡くなられた場合は、その翌日から5年を経過していない場合は労災保険法に基づく遺族補償給付を、5年を経過した場合は石綿救済法に基づく特別遺族給付金(請求期限は平成34年3月27日まで)の請求手続きを行ってください。

 心当たりのある方は、大船渡労働基準監督署または岩手労働局労災補償課へご相談ください。

  • 【大船渡労働基準監督署】 0192-26-5231
  • 【岩手労働局労災補償課】 019-604-3009