ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類で探す > 市政情報 > 市の概要 > 統計情報 > 全国家計構造調査

本文

全国家計構造調査


2019年全国家計構造調査

 全国家計構造調査は、総務省が主体となり、家計における消費・所得・資産及び負債の実態を総合的に把握し、世帯の所得分布及び消費の水準・構造等を全国的及び地域別にあきらかにすることを目的として、5年ごとに実施しています。

 なお、全国家計構造調査は今まで実施していた全国消費実態調査の継続調査で、今回は、「全国家計構造調査」に名称変更後初の調査で、全国消費実態調査から通算すると13回目の調査となります。

 

~より良い未来をつくるために~ 「全国家計構造調査」にご協力ください

 調査は、調査員が8月から10月にかけて、赤崎町及び立根町の調査区域世帯へ、リーフレットの配布と世帯状況についての調査を行います。また、10月から11月までの2か月間に渡り、家計における収支や貯蓄・負債、就業状況、住居に関する事項などを調査します。

 調査結果は、社会保障や福祉政策の検討など、国民生活に身近な、さまざまな政策などに役立てられますので、皆さんのご理解とご協力をお願いします。

 なお、ご不明な点などがありましたら、商工課統計係までご連絡ください。

 

◆詳しくはこちらへ

  全国家計構造調査(統計局ホームページ)<外部リンク>

ロゴマーク