ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

学校基本調査


   学校基本調査は、文部科学省が主体となり、学校に関する基本的事項を調査し,学校教育行政上の基礎資料を得ることを目的として、毎年行われます。

 調査方法は、大船渡市が管内の幼稚園、小中学校および教育委員会に直接依頼し、調査票を提出していただくかたちで行われます。また、平成15年度調査からはインターネット回線を通じて調査票を提出する、オンライン調査を導入しています。

 学校基本調査の結果から、

  1. 在学児童数および不就学児童数
  2. 学級数、教員数
  3. 卒業後の進路の状況、進学率・就職率

などが明らかになっています。

 学校基本調査の概要と結果については、文部科学省のホームページ<外部リンク>をご参照ください。