ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織で探す > 商工課 > 大船渡市中小企業経営緊急支援金について

本文

大船渡市中小企業経営緊急支援金について


 市は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大による岩手緊急事態宣言発出により大きな影響を受けた岩手県の地域企業経営支援金(令和3年度予算事業)(以下「県支援金」)の支給を受けている市内の中小企業者に対し支援金を支給します。

  大船渡市中小企業経営緊急支援金チラシ [PDFファイル/241KB]

対象

次の要件をすべて満たしていること

1 市内において事業を行う中小企業者であること

2 下表に定める対象業種を営む事業者であること

  対象業種一覧 [PDFファイル/56KB]

3 岩手緊急事態宣言期間(令和3年8月・9月)のいずれかの月を含む連続する3か月の期間(以下「対象期間」)において、次のいずれかに該当すること

 (1) 対象期間のいずれか1月の売上げが令和元年同月と比較して50%以上減少し、かつ当該月を含む連続する3か月の売上げの合計が減少していること

 (2) 対象期間の売上げの合計が令和元年同期と比較して30%以上減少していること

  ※事業者の状況に応じて、令和2年度との比較も可とします。

  ※売上減少額の算定に用いる期間は、県支援金の算定に用いた期間と同一の期間とします。

4 感染症対策または業態・業種転換に取り組む者であって、事業継続の意思があること

5 令和元年の確定申告を行っていること

6 法人税法(昭和40年法律第34号)別表第一に規定する公共法人でないこと

7 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(昭和23年法律第122号)第2条第5項に規定する「性風俗関連特殊営業」を行っていないこと

8 宗教上の組織または団体でないこと

9 県支援金の支給決定を受けていること

10 関係法令を遵守していること

支給額

 売上げ比較に用いた対象期間の売上げの合計から令和元年同期の売上げの合計を差し引いた額を売上減少額とし、当該売上減少額から県支援金の上限額(40万円×店舗数)を差し引いた額

 ※1,000円未満の端数が発生する場合は切り捨てとなります。

 ※1店舗当たり上限額:10万円

 ※1事業所当たり最大5店舗を上限とします。

 ※卸売業および宿泊業については、従業員数に応じて上限額を設定することができます。

申請期限

 令和4年1月31日(月)まで

提出書類

 ・大船渡市中小企業経営緊急支援金支給申請書兼請求書(様式第1号)

 ・申請額計算表

 ・誓約書

申請方法

 大船渡商工会議所ホームページ、または下記から申請様式(様式第1号)をダウンロードし、関係書類を添えて、大船渡商工会議所に提出してください。

 ※申請は、1事業者当たり1回限りとします。

関連リンク

 ・大船渡商工会議所ホームページ<外部リンク>

 ・地域企業経営支援金支給事務局<外部リンク>

 ・岩手県ホームページ<外部リンク>

ダウンロード

 ・令和3年度大船渡市中小企業経営緊急支援金支給要綱 [PDFファイル/123KB]

 ・大船渡市中小企業経営緊急支援金支給申請書兼請求書(様式第1号) [Wordファイル/41KB]

 ・申請額計算表 [Excelファイル/30KB]

 ・誓約書 [PDFファイル/45KB]

 ・申請書兼請求書および誓約書記載例 [PDFファイル/80KB]

 ・申請額計算表記載例 [PDFファイル/87KB]

 

 

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)