ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類で探す > 市政情報 > 市の取組み > 都市整備 > (仮称)大船渡公園とみなと公園をつくるワークショップについて
現在地 トップページ > 分類で探す > 市政情報 > 東日本大震災 > 復興関連情報 > (仮称)大船渡公園とみなと公園をつくるワークショップについて

本文

(仮称)大船渡公園とみなと公園をつくるワークショップについて


(仮称)大船渡公園とみなと公園をつくるワークショップについて(終了しました)

 市と岩手県では、大船渡駅周辺地区の復旧・復興事業により整備予定の(仮称)大船渡公園(市)とみなと公園(県)について、それぞれが近接する位置にあることから、両公園が魅力を高め合うよう、共同して計画づくりに取り組んでいます。

 また、将来に渡り市民の皆様に利用される空間を形成するため、市民等からのご意見を両公園の計画に反映させることを目的として、ワークショップ(全3回)を開催しました。

 今後は、いただいたご意見を参考に設計(案)を作成し、(仮称)大船渡公園については、パブリックコメントの実施等を通じて、より多くの市民の皆様よりご意見を伺いたいと考えております。

(仮称)大船渡公園とみなと公園の位置図

1.主催者等

  • 主催 大船渡市(災害復興局市街地整備課)
  • 共催 岩手県(沿岸広域振興局土木部大船渡土木センター復興まちづくり課)

2.参加者

(1)対象

 次に該当する方で、できるだけ全3回に参加していただける方を対象として、平成28年10月20日から11月18日までの期間において、募集しました(定員は30人程度)。
ア.大船渡公園の近隣に居住又は居住予定の方(従前に居住していた方を含む)
イ.大船渡公園の近隣の商工業関係者
ウ.市内の中学校又は高等学校に通学されている方
エ.大船渡公園等を利用したいと考えている方
※近隣とは、概ね500m以内とします。
※市外在住者を含みます。
※応募者多数の場合は、ア・イに該当する方を優先します。

(2)参加者の概要

 ご応募いただいた計44名の方々全員にご参加いただくこととしました。

年齢 参加者数(人) 内訳1(人) 内訳2(人)
対象ア 対象イ 対象ウ 対象エ
10代 11人 7人 4人 0人 0人 11人 0人
20~30代 15人 8人 7人 1人 2人 0人 12人
40~50代 9人 6人 3人 3人 1人 0人 5人
60代以上 9人 4人 5人 5人 0人 0人 4人
44人 25人 19人 9人 3人 11人 21人

3.開催概要

(1)第1回「まちづくりの情報共有と公園の利活用を考える」(終了しました)

 ア)日時・場所

  • 日時 平成28年11月27日(日曜日) 午後1時受付、午後1時30分開始
  • 場所 大船渡市魚市場 3階 多目的ホール

 イ)参加者数
 計33名

 ウ)概要

  • ワークショップの目標とスケジュールの共有
  • 両公園及び周辺の整備事業の共有
  • 整備予定地の見学
  • 意見交換(グループ討議)、全体発表

 ※配布資料や開催結果に関する資料はダウンロードすることができます。

第1回ワークショップの様子の写真1
提供元:株式会社東海新報社

第1回ワークショップの様子の写真2

第1回ワークショップの様子の写真3

第1回ワークショップの様子の写真4

(2)第2回「(仮称)大船渡公園の人の動きとゾーニングを考える」(終了しました)

 ア)日時・場所

  • 日時 平成29年1月22日(日曜日) 午後0時30分受付、午後1時開始
  • 場所 大船渡市魚市場 3階 多目的ホール

 イ)参加者数
 計28名

 ウ)概要

  • ワークショップの目標とスケジュールの共有
  • 周辺施設の説明
  • 意見交換(グループ討議)、全体発表

 ※配布資料や開催結果に関する資料はダウンロードすることができます。

第2回ワークショップの様子の写真1

第2回ワークショップの様子の写真2

第2回ワークショップの様子の写真3

第2回ワークショップの様子の写真4

(3) 第3回「(仮称)大船渡公園の理念や必要な施設・使い方、みなと公園の施設配置を考える」(終了しました)

 ア)日時・場所

  • 日時 平成29年3月12日(日曜日)午後0時30分受付、午後1時開始
  • 場所 大船渡市魚市場 3階 多目的ホール

 イ)参加者数
 計26名

 ウ)概要

  • これまでのおさらい
  • 意見交換(グループ討議)、全体発表

 ※配布資料や開催結果に関する資料はダウンロードすることができます。

第3回ワークショップの様子の写真1

第3回ワークショップの様子の写真2

第3回ワークショップの様子の写真3

第3回ワークショップの様子の写真4

4.ワークショップについて

 参加者1人1人が意見を持ち寄り、みんなで討議を重ねることを通して、お互いの考え方や立場の違いを学びながら、より良い解決方法や提案をまとめる手法であり、その集まり(場)のことです。

ダウンロード

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)