ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類で探す > 市政情報 > 市政運営 > 市の計画・ビジョン > 大船渡市公共施設等総合管理計画

本文

大船渡市公共施設等総合管理計画


大船渡市公共施設等総合管理計画

 ~市が保有する建物やインフラ資産の最適管理に向けた基本方針~

 全国的に公共施設等の老朽化対策が大きな課題となっているなか、総務省から平成26年4月に自治体に対して公共施設等総合管理計画を策定するよう要請がありました。

 本市では、人口減少や合併に伴う普通交付税の特例措置期間(平成28年度まで)の終了等による収入の減少と、公共施設の老朽化等に伴う維持管理費や更新費用の増加により、ますます財政運営が厳しくなることが予想されます。 

 このような状況に対応するため、市が保有する建物や道路などを含んだ公共施設等の全体像を把握するとともに、資産の最適管理に向けた「基本的な考え方や方向性」を示すものとして、平成29年3月に「大船渡市公共施設等総合管理計画」を策定しました。

大船渡市公共施設等総合管理計画の一部改訂

 総務省の「公共施設等総合管理計画の策定にあたっての指針」の改訂を受け、令和2年3月に大船渡市公共施設等総合管理計画を一部改訂(ユニバーサルデザイン化の推進方針を追記)しました。

 改訂の概要(新旧対照表) [PDFファイル/40KB]

大船渡市公共施設等総合管理計画(令和2年3月改訂版)

 大船渡市公共施設等総合管理計画(要約版) [PDFファイル/858KB]

 大船渡市公共施設等総合管理計画(全体版) [PDFファイル/2.83MB] 
    計画の策定にあたって
    1. 公共施設等の現況および将来の見通し
    2. 公共施設等の総合的かつ計画的な管理に関する基本的な方針
    3. 施設類型ごとの管理に関する基本的な方針

◆関連リンク

 大船渡市公共施設等個別施設計画

 総務省ホームページ
  公共施設等総合管理計画<外部リンク>

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)