1. トップページ >
  2. 産業 >
  3. 水産業 >
  4. 大船渡おさかなカレンダー

大船渡おさかなカレンダー

 大船渡で水揚げされる魚の水揚げ時期です。色が濃いほど水揚げ量が多いことを示しています。
 (※毎年、漁況は変化するので、水揚げ漁況はあくまで目安です。)

魚種名
4月 
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
1月
2月
3月
備  考

ワカメ
 ワカメ(養殖)

                       

 岩手県の生産量は全国一。当市は「ワカメ養殖発祥の地」であり、県内トップクラスの生産量を誇っている。歯ごたえが良いのが三陸ワカメの特徴で、最近は、成長途中で摘んだ若い芽「早採りワカメ」も柔らかくて人気がある。

 〇主な食べ方:汁物、酢の物、しゃぶしゃぶ

マツモ、フノリ
 マツモ・フノリ

                       

 春先に磯で芽吹いた若い芽を摘み取って収穫される。生はごくわずかな期間しか出回らないが、乾燥されたものは、周年、流通している。

 〇主な食べ方:汁物、酢の物

イサダ
イサダ

                       

 2~3cmのオキアミの一種。岩手県は全国一、当市は県内一の水揚げを誇っている。食用はわずかで、多くが釣り餌や養殖魚の餌となり、新しい利活用方法が求められている。最近は、脂肪蓄積抑制効果などの機能性成分も注目されている。

 〇主な食べ方:揚げ物、ふりかけ

コウナゴ
 コウナゴ(イカナゴ)

                       

  「コウナゴ」はイカナゴの稚魚の地方名。当地域で「シラス」と言うと、本種を指すことが多い。光利用敷網という漁法で、集魚灯に集まってきた本種を漁獲している。

 〇主な食べ方:生食、茹で物

マス類
マス類

                       

 主にママス(サクラマス)、サクラマス(カラフトマス)、オオメマス(サケ)が水揚げされる。春のマス類は未成熟のため、秋サケに比べて身が美味しいと言われている。

 〇主な食べ方:塩焼き、ムニエル、ルイベ(冷凍刺身)

魚種名
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
1月
2月
3月
備  考

サワラ
サワラ

                       

 主に定置網で漁獲される。本県では、以前はさほど漁獲されておらず、あまり馴染みのない魚だったが、2000年頃から急増した新たな水揚げ対象魚種。

 〇主な食べ方:照り焼き、刺身 

アイナメ
アイナメ

                       

 当地方では「ネウ」と呼ばれ、身近な魚の一つ。定置網や刺し網、カゴ漁など色々な漁法で漁獲され、大型の活魚は高値で取引きされる。釣りの対象魚としても人気が高い。

 〇主な食べ方:刺身、煮物、焼き物、ムニエル

カレイ類
カレイ類

                       

 マガレイ、マコガレイ、ヒガレイ(ムシガレイ)、ナメタガレイ(ババガレイ)など多種多様なカレイが水揚げされ、釣りの対象魚としても人気が高い。冬の脂の乗った子持ちナメタガレイは、年越しや正月の縁起物として重宝される。

 〇主な食べ方:刺身、煮物、焼き物、一夜干し

クロマグロ
クロマグロ

                       

 主に定置網で漁獲され、「メジマグロ」と呼ばれる20kg未満の小型魚の水揚げが多い。陸地からすぐそばの定置網で漁獲されて、水揚げされるため、鮮度は抜群。

 〇主な食べ方:刺身、焼き物

ホヤ
ホヤ

                       

 マボヤ。岩手県は宮城県に次ぐ全国2位の生産量。大船渡市は県内トップクラスの養殖ホヤの生産地で、3~4年で収穫・出荷される。「藤の花が咲く6~7月頃」が旬と言われ、最も身が厚くなる。

 〇主な食べ方:酢の物、焼き物

魚種名
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
1月
2月
3月
備  考 

マンボウ
マンボウ

                       

 親潮と黒潮の境「潮目」にいる三陸の海を象徴する魚の一つで、定置網で漁獲される。湯がいた身は鶏のササミ肉のような歯ごたえで、酢味噌で食べることが多い。肝や腸も美味しい。

 〇主な食べ方:刺身、酢の物

ウニ
 ウニ

                       

 主にキタムラサキウニとエゾバフンウニが漁獲対象となっているが、キタムラサキウニの水揚げが多い。当市では、身入りが良い初夏に漁獲され、剥き身で出荷される。

 〇主な食べ方:生食、塩ウニ、焼きウニ

カツオ
 カツオ

                       

 北上する「上り鰹」と南下する「戻り鰹」のどちらも水揚げされる。脂が少なくさっぱりした身の「上り鰹」と脂たっぷりの「戻り鰹」のどちらも味わえるのも三陸ならでは。

 〇主な食べ方:刺身、焼き物

ヒラメ
 ヒラメ

                       

 主に定置網と刺し網で漁獲される。釣りの対象魚としても人気が高く、釣り船が多い当市では、夏から秋にかけては本種を狙う太公望で賑わう。冬は水揚げ量は少ないが、寒ビラメと呼ばれ、脂が乗って、旨みが増すと言われている。

 〇主な食べ方:刺身、ムニエル

サバ類
 サバ類

                       

 主にマサバとゴマサバが水揚げされる。定置網で大量に漁獲され、大型のものは鮮魚として流通するほか、「ムギサバ」と呼ばれる小型魚は加工原料に欠かせない存在である。

 〇主な食べ方:焼き物、煮物、しめ鯖

魚種名
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
1月
2月
3月
備  考

ホタテ類
 ホタテ(養殖)

                       

 当市は「耳吊り養殖発祥の地」であり、県内トップクラスの生産量を誇っている 。歩留まりがよく、貝柱が大きいのが特徴で、他県産に比べて高値で取引きされる。 

 〇主な食べ方:刺身、焼き物

サンマ
 サンマ

                       

 全国トップクラス(本州一位、全国二位)の水揚げがあり、鮮魚販売はもちろん、加工も盛んに行われている。地元船籍のサンマ船があることから、シーズンを通して安定した水揚げがある。 

 〇主な食べ方:刺身、焼き物、煮物、すり身

スルメイカ
 スルメイカ

                       

 主に釣りと定置網で漁獲され、水揚が多く、加工も盛んに行われている当市水産業の主要魚種の一つ。小型で身が柔らかい夏の「小スルメ」、身も肝も大きくなる秋~冬、季節によって色々な食べ方がある。

 〇主な食べ方:刺身、干物、焼き物、煮物、揚げ物

ブリ
 ブリ

                       

 成長するにつれて呼び名が変わる出世魚で、当地方では ショッコ→イナダ→ワラサ→ブリと変わる。主にショッコ~ワラサクラスのものが定置網で水揚げされる。脂が多い冬が旬。

 〇主な食べ方:刺身、焼き物、煮物、汁物

サケ
 サケ

                       

 岩手県の魚。3~5歳で産まれた川に戻ってくる。当市水産業の主要魚種の一つで、定置網の主力魚種となっているだけでなく、加工も盛んに行われている。

 主な食べ方:塩焼き、汁物、新巻、揚げ物、ムニエル、イクラ

魚種名
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
1月
2月
3月
備  考 

マガキ
 マガキ(養殖)

                       

 当市の養殖カキは、主に加熱調理用むき身カキと生食用殻付カキとして出荷される。大粒のむき身は評価が高く、特に赤崎地域のものは、築地市場で最高値で取引されるブランドカキの一つ。

 主な食べ方:生食、汁物、焼き物、揚げ物

アワビ
 アワビ

                       

 エゾアワビ。品質の良さから高値で取引され、一部は乾鮑として輸出される。特に吉浜地域産の乾鮑は「キッピンアワビ」と称され、中国国内で最高級品として高い評価を受けている。

 主な食べ方:刺身、焼き物

ヤリイカ
 ヤリイカ

                       

 その優れた食味から、高値で取引きされる高級イカのひとつ。主に定置網で漁獲され、冬と春の産卵前に水揚されるものは大型で旬とされている。

 主な食べ方刺身、煮物

ドンコ
 ドンコ(エゾイソアイナメ)

                       

 標準和名は「エゾイソアイナメ」。アイナメとは全く別の種で、タラの仲間。身は水分が多く柔らかく、肝が大きくなる冬が旬で、高値で取引きされる。「ドンコ汁」は三陸の冬の味覚のひとつ。

 主な食べ方:汁物、焼き物、煮物、揚げ物、刺身

マダラ
 マダラ

                       

 主に延縄や刺網で漁獲される。白子や卵巣が大きくなる産卵期の冬が旬で、特に白子は「キク」と呼ばれ、キクを持つオスほど高値で取引きされる。刺身で食べられるのも産地ならでは。

 主な食べ方:汁物、焼き物、刺身、揚げ物

 

このページのお問い合わせ先
水産課
電話番号:0192-27-3111
FAX番号:0192-26-4477