ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類で探す > くらしの情報 > 福祉・介護 > 援護 > 戦没者等の遺族に対する特別弔慰金のご案内

本文

戦没者等の遺族に対する特別弔慰金のご案内


戦没者等のご遺族のみなさまへ
~第十一回特別弔慰金が支給されます~

 戦没者等の遺族に対する特別弔慰金は、「戦没者等の遺族に対する特別弔慰金支給法」に基づき支給されるものです。

 第十一回特別弔慰金は、戦後75周年にあたり、今日の我が国の平和と繁栄の礎となった戦没者等の尊い犠牲に思いをいたし、改めて弔意の意を表するため、戦没者等のご遺族に特別弔慰金を支給します。

<対象者>

令和2年4月1日(基準日)において、「恩給法による公務扶助料」や「戦傷病者戦没者遺族等援護法による遺族年金」等を受ける方(戦没者等の妻や父母等)がいない場合に、次の順番による先順位のご遺族お一人に支給されます。

○戦没者等の死亡当時のご遺族で

  1. 令和2年4月1日までに戦傷病者戦没者遺族等援護法による弔慰金の受給権を取得した方
  2. 戦没者等の子
  3. 戦没者等の(1)父母、(2)孫、(3)祖父母、(4)兄弟姉妹
    ※戦没者等の死亡当時、生計関係を有していること等の要件を満たしているかどうかにより、順番が入れ替わります。
  4. 上記1から3以外の戦没者等の三親等内の親族(甥、姪等)
    ※戦没者等の死亡時まで引き続き1年以上の生計関係を有していた方に限ります。

 戦没者等の子や兄弟姉妹など、同順位の方が複数いる場合は、そのうちの代表者一人が請求することになりますので、お話し合いの上、代表して請求する方を決めてください。

<請求の受付>

 請求の受付期限は令和5年3月31日までで、請求する方の住所地の市町村で手続きできます。
 請求の手続き後、請求者に対して裁定通知書が送付され、国債が交付されますが、請求の手続きからお手元に国債が届くまでには数か月の期間が必要となります。

<必要書類>

  1. 戦没者等の遺族に対する特別弔慰金請求書
  2. 第十一回特別弔慰金国庫債券印鑑等届出書
  3. 戦没者等の遺族の現況等についての申立書
  4. 委任状(請求者本人以外が請求手続きをする場合)
    第十一回特別弔慰金委任状 [PDFファイル/58KB]
    ※1から4までの書類は地域福祉課に備え付けています。
  5. 戸籍書類(必要な戸籍書類は請求者によって異なりますので、受付の際にお知らせします。)

 そのほかに、請求者が過去に特別弔慰金の請求をしたことがあるか等の状況により、提出していただく書類が異なりますので、詳しくは地域福祉課にご確認ください。

<必要なもの>

  1. 印鑑(シャチハタ、スタンプ、ゴム印は不可)
  2. 本人確認書類
    ◇単独で本人確認ができる書類
     運転免許証、運転経歴証明書、マイナンバーカード、パスポートなど官公署が発行し顔写真付きのもの
    ◇2点で本人確認ができる書類
     健康保険の被保険者証(後期高齢者医療被保険者証、介護保険被保険者証など)、年金手帳、診察券など
    ※請求者本人以外が請求手続きをする場合は、請求者本人の本人確認書類も必要です。
  3. 戸籍書類の発行手数料

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)