ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類で探す > 市政情報 > 市政運営 > 市の計画・ビジョン > 施政方針 3 豊かな心を育む人づくりの推進

本文

施政方針 3 豊かな心を育む人づくりの推進


 誰もが生涯にわたり心豊かな生活を送るためには、自主的・主体的に学べる機会や環境を整えることが重要であります。
 このことから、教育委員会との連携の下、大船渡市教育大綱に基づき、主要な施策について共通理解を深めながら、生涯学習を始め、芸術・文化、学校教育などの振興・充実を図ってまいります。
 生涯学習につきましては、地域公民館整備に対する助成などを通じて、コミュニティ活動などの拠点としての機能強化を図るとともに、住民が気軽に参加できる芸術文化事業といった、活動機会の創出に係る取組への支援などにより、地域における融和と協調を促進してまいります。
 市民文化会館・リアスホールにつきましては、市民に親しまれ、誰もが気軽に利用・参加できるよう、芸術文化活動の普及や人材育成、市民参画などに積極的に取り組んでまいります。
 市民文化会館の運営につきましては、自主事業において、市民ニーズを把握した上で、集客や収益の向上につながるよう内容を見直すとともに、施設管理においては、施設の長寿命化を図るため、令和2年度から市立図書館と一体的に施設本体や舞台設備などを計画的に修繕及び更新してまいります。
 また、市民サービス向上と効率的・効果的な施設運営を図るため、指定管理者制度導入に向けた検討を深めてまいります。
 市立図書館につきましては、各種資料の収集・整理など利用環境の整備を進めながら、図書に係る企画展や講座の開催、移動図書館車の巡回などを通じ、読書活動の普及・拡大を図ってまいります。
 図書館の運営につきましては、老朽化した移動図書館車を更新するとともに、窓口業務や移動図書館車の運行などに係る民間委託について検討してまいります。
 市立博物館につきましては、震災や自然・文化などを理解する上で必要な資料の収集・保存及び展示を進めるとともに、博物館の機能向上と資料保存に係る環境整備を図ってまいります。
 学校教育につきましては、市立小・中学校の規模及び配置の適正化に引き続き取り組むとともに、第一中学校について、校舎及び屋内運動場の改築に係る実施設計に着手するほか、日頃市、越喜来及び吉浜地区と学校間のスクールバスを運行し、安全な通学環境を確保してまいります。
 また、生徒の学習意欲及び英語力の向上を促し、国際化の進展に対応した将来を担う人材を育成するため、中学生を対象とした実用英語技能検定料助成事業などに取り組んでまいります。
 学校給食につきましては、衛生管理の徹底や調理施設・設備の適切な整備を図り、安心・安全な給食を実施してまいります。
 スポーツの推進につきましては、スポーツ施設整備基本計画を策定するとともに、大船渡新春四大マラソン大会など各種スポーツ大会の開催に加え、赤崎グラウンドを中心としたスポーツイベントの誘致などを推進し、スポーツの振興と交流・関係人口の拡大を図ってまいります。
 また、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を通じて、震災発生以降の多大なご支援に対する感謝の気持ちを伝えるとともに、市民一丸となって復興にまい進する姿を国内外に発信するため、米国を相手国とする「復興『ありがとう』ホストタウン」事業など、関連事業を展開してまいります。
 地域文化の保存につきましては、ユネスコ無形文化遺産・「吉浜のスネカ」の魅力を広く伝えるとともに、市内の地域固有の伝統行事や芸能の継承を促進し、さらには三陸沿岸地域で展開される三陸国際芸術祭の開催支援などにも取り組んでまいります。