ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類で探す > 市政情報 > 市政運営 > 市の計画・ビジョン > 施政方針 3 豊かな心を育む人づくりの推進

本文

施政方針 3 豊かな心を育む人づくりの推進


 未来を築く人づくりを推進するため、学校や家庭、地域社会など多様な主体の連携・協働により、学校教育の充実を図るとともに、全ての市民が自己実現を図りながら、気軽にスポーツ・レクリエーションや文化芸術に親しむ環境づくりが重要であります。

 このことから、教育委員会との連携の下、大船渡市教育大綱に基づき、共通理解を深めながら、各種施策を推進してまいります。

 はじめに、学校教育につきましては、全ての学級に電子黒板を整備するなど、学校のICT環境の充実を図り、GIGAスクール構想の着実な推進と学習の基盤となる資質・能力の育成に努めてまいります。

 令和3年度に着手しました第一中学校改築工事につきましては、近接する工事との連携を図りながら、校舎及び屋内運動場の完成に向け取り組んでまいります。

 また、地域とともにある学校づくりに向け、市内小中学校に学校運営協議会を設置し、コミュニティ・スクールの仕組みを導入するとともに、学校と地域をつなぐ地域コーディネーターを配置するなど、地域学校協働活動を促進してまいります。

 学校給食につきましては、空調設備の増設を実施するなど調理施設・設備の適切な管理に努め、安全で安心な給食を提供してまいります。

 生涯学習につきましては、コミュニティ活動などの拠点となる地域公民館の整備に対し助成を行うとともに、住民が気軽に参加できる文化芸術事業など、活動機会の創出に係る取組を支援してまいります。

 また、リカレント教育やデジタル社会への適応を支援する市民講座を始め、国際理解の促進に資する英語体験教室、高齢者向けの生きがいセミナーなどの開催により、あらゆる世代における多様な学習機会の充実を図ってまいります。

 市民文化会館につきましては、生涯学習、市民活動及び交流の拠点として、あらゆる世代に良質な文化芸術に触れる機会を提供するなど、市民ニーズに即した多彩なジャンルの企画を実施してまいります。

 特に、令和4年度は、特定の自主事業を市制施行70周年記念事業として位置付け、開催してまいります。

 また、市内唯一の舞台設備機能を有する文化芸術の拠点施設として、舞台音響設備の更新事業の継続及び空調設備の改修に着手するとともに、より効果的かつ効率的な施設運営を図るため、指定管理者制度の導入に向け、具体的な検討を進めてまいります。

 市立図書館につきましては、令和4年4月から指定管理者制度を導入し、根幹業務であります選書・蔵書管理はもとより、レファレンスサービスや読書推進活動の拡充、学校図書館との連携強化などにより、一層の市民サービスの向上を図ってまいります。

 市立博物館につきましては、所蔵する資料の適切な保存管理や施設の維持修繕に努めるとともに、三陸ジオパークの拠点施設としての特色を生かし、本市が誇る自然や文化の魅力を発信してまいります。

 スポーツの推進につきましては、大船渡市スポーツ推進計画に基づき、各種スポーツ大会の開催やスポーツ合宿の誘致など各般の取組を推し進め、競技力の向上と生涯スポーツの振興はもとより、交流人口の拡大なども図ってまいります。

 まず、大船渡新春四大マラソン大会につきましては、市制施行70周年記念事業として開催し、より多くの方々に参加いただけるよう、新たにオンラインでの参加申込を開始するなど、運営体制及び内容の充実に取り組んでまいります。

 また、本市にゆかりのあるアスリートを応援する「大船渡アスリート応援団」の取組の一つとして、スポーツの振興とシティプロモーションを目的に、岩手県との連携によりプロ野球本拠地球場での協賛試合を開催するほか、子どもたちと著名アスリートの交流イベントである「ボールゲームフェスタ」や、日本スポーツマスターズ2022岩手大会軟式野球競技などを通じて、スポーツによるにぎわいの創出も図ってまいります。

 さらに、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会のレガシーを継承すべく、米国陸上競技連盟とのオンラインによる陸上クリニック事業などを実施してまいります。

 スポーツ施設の整備につきましては、施設の効果的・効率的な運営を図りつつ、大船渡市スポーツ施設整備基本計画を踏まえ、市民体育館の空調設備の改修に取り組んでまいります。

 地域文化の保存につきましては、三陸大王杉の樹勢回復を始め、民俗芸能の継承など文化財の適正な保護管理を行いながら、その活用を図り、本市の歴史・風土が織り成す魅力の発信に努めてまいります。