ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織で探す > 市民環境課 > 簡易放射線測定器を貸し出します

本文

簡易放射線測定器を貸し出します


東京電力福島第一原子力発電所事故に伴い、市独自で市内における地表付近の放射線量を定期的に測定し、当市への影響を把握しています。
このたび、市民の皆さんが身近な生活環境の空間放射線量を把握することによって安心・安全の確保を図るとともに、市民の皆さんから提供された測定結果によって市内における放射線量の状況を把握するため、市が保有する簡易放射線測定器を無料で貸出します。 なお、貸出しする測定器は空間放射線量(測定単位:マイクロシーベルト)を測定するもので、食品や水などに含まれる放射性物質(測定単位:ベクレル)は測定することができません。

貸出機器

(株)堀場製作所 環境放射線モニタ Radi(PA-1000) 5台
メレディアン社製 Prypyat ハンドヘルド線量計 1台

貸出対象者

市内に住所を定める個人、法人及び団体

貸出開始日

平成24年5月23日(水曜日)から申し込みを受け付け、順次貸し出します。

貸出時間

平日の午前9時から午後5時までとし、当日中に返却してください。
ただし、地域公民館長、公衆衛生組合長及び衛生監視員等には、土日を挟んだ複数日の貸出(貸出と返却は平日。例:金曜日から翌月曜日まで)が可能です。

貸出・返却窓口

大船渡市役所本庁 市民環境課(2番窓口)

貸出料金

無料

貸出台数

1世帯または1団体につき1回1台までとし、当面、週1回のみ。

貸出手続きなど

  1. あらかじめ電話で貸出しの申し込みをします。
    ※申し込みは先着順となります。
    ※開庁日のみの申し込みです(土日曜日、祝祭日、年末年始は申し込みできません)。
  2. 貸出希望日に、窓口で身分証明書(運転免許証、健康保険証等)を提示し、申請書に必要事項を記入して窓口へ提出します。
    ※申請書は、このホームページからダウンロードできるほか、窓口にも備え付けています。
  3. 測定器を借り受けます。その際、使用上の注意事項などを説明します。使用後、本庁 市民環境課(2番窓口)に返却してください。
  4. 返却の際、測定結果を報告してください。記録用紙は貸出時に配付します。
    ※市内における放射線量の状況把握のため、少なくとも1箇所で測定してください。
    なお、私有地の清掃等は所有者等が行うことになります。市では行いませんのでご承知おきください。
    ※報告された測定結果は、市内の放射線量の状況を把握するための資料として使用する場合があります。

注意事項等

  1. 次のことを順守するとともに、「操作方法と注意事項」を必ず読んでください。
  2. 使用は大船渡市内に限ります。
    営利目的での使用はできません。また、第三者に譲渡し、転貸し、または担保にすることはできません。
  3. 特定の個人、政党及び宗教団体の利益に供し、または中傷するための行為など誤解を招くおそれのある活動のために使用しないでください。
  4. 測定器を損傷し、または紛失したときは、実費の全額を弁償してもらいます。
  5. 測定器を落としたり、先がとがっているもので突いたりしないよう、丁寧に扱ってください。。
  6. 水に浸けないでください。水がかかった場合は、すぐに水分をふき取ってください。
  7. 高温多湿、低温(-5゜C以下)を避けて使用してください。
  8. 汚れ、汚染防止のため、測定器はビニール袋に入れたまま使用してください。
  9. 強い電波を放射する機器類(携帯電話や電子レンジ、テレビ、無線機など)のそばでは、正確な測定ができないことがありますので、近づけないようにしてください。。

関係書類のダウンロード

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)