ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類で探す > くらしの情報 > 医療・健康 > 予防接種 > 新型コロナワクチン接種情報

本文

新型コロナワクチン接種情報

5~11歳の子どもへの接種(小児接種)は、こちらをご覧ください。
新型コロナワクチン 5~11歳の接種(小児接種)】

新型コロナワクチン接種の追加接種(3回目接種)

 3回目接種は、2回目接種の完了から5か月以上間隔をあければ接種できることになりました。(令和4年5月25日から)

大船渡市民体育館での集団接種は、こちらからも予約することができます。
大船渡市新型コロナウイルスワクチン予約サイト<外部リンク>

あ

い

3回目ワクチン接種のご案内

共通

令和4年1月31日までに2回目のワクチン接種を受けた12歳以上の方 [PDFファイル/1.18MB]

新型コロナワクチン予防接種についての説明書(追加(3回目)接種用)ファイザー社ワクチン用 [PDFファイル/829KB]

新型コロナワクチン予防接種についての説明書(追加(3回目)接種用)武田/モデルナ社ワクチン用 [PDFファイル/844KB]

追加(3回目)接種に使用するワクチンについてのお知らせ [PDFファイル/278KB]

12~17歳の方

新型コロナワクチン追加(3回目)接種のお知らせ [PDFファイル/285KB]

〈12~15歳のお子様の保護者の方へ〉新型コロナワクチン予防接種についての説明書(追加(3回目)接種用) [PDFファイル/911KB]

接種対象

 2回目の接種日から5か月以上経過した人で、3回目の接種を希望する人(18歳以上)。
 接種回数は1回です。
 12~17歳は、ファイザー社製のみとなります。

接種券の発送時期

 一定期間が経過した人から、順次発送します。接種会場や申込方法などの詳細は、同封する接種案内をご覧ください。

区分 対象 送付時期
12歳以上の人 令和4年1月31日までの間に
2回目接種を受けた人
発送済み

※接種券が届かない場合は、新型コロナワクチン接種相談窓口(電話 0192-22-8061)までご連絡ください。

接種方法

 1・2回目接種と同様、かかりつけの医療機関で行う「個別接種」と、大船渡市民体育館などで行う「集団接種」との併用で実施します。

接種券について

 1・2回目と同様、「接種券」と「予診票」が必要です。3回目の接種では、これらが一体となった「接種券付き予診票」を使用します。

1・2回目の接種も実施しています

 何らかの事情で接種を受けられなかった人、2回目接種を受けていない人などへ集団接種を行っています。日程は表のとおりですので、下記の相談窓口へ電話で申し込みください。
 この日程以外でも受付できる場合がありますので、ご相談ください。

実施日 申込締切日
6月11日(土曜) 6月6日(月曜)
7月16日(土曜) 7月11日(月曜)
8月4日(木曜) 7月29日(金曜)
8月20日(土曜) 8月15日(月曜)
8月25日(木曜) 8月19日(金曜)
  • 会場は、大船渡市民体育館です。
  • 使用するワクチンは、ファイザー社製です

新型コロナワクチン接種相談窓口(保健福祉部健康推進課)
電話 0192-22-8061

予診票様式 [PDFファイル/356KB]

新型コロナワクチン接種タクシー送迎事業

 65歳以上の高齢者の方、64歳以下で障害者手帳または介護保険被保険者証の交付を受けている方は、市内のワクチン接種会場にタクシーで移動する際に、片道500円で利用できます。詳しくは、こちらをご覧ください。

【新型コロナワクチン接種タクシー送迎事業】

各種手続き・お知らせ

詳しくは、リンク先をご確認ください。

【新型コロナワクチン有効期限の取扱い】

【新型コロナワクチン接種証明書について】

【新型コロナワクチン 転入・転出の手続きについて】

【新型コロナワクチン 住所地外接種について】

【新型コロナワクチン 接種券の再発行について】

【新型コロナワクチン接種後の心筋炎・心膜炎について】

接種費用

 無料です

接種の同意

 新型コロナワクチンの接種は、できるだけ多くの皆さまに受けていただくようお勧めしていますが、接種を受けることは強制ではありません。接種を受ける方の同意がある場合に限り接種が行われます。
 予防接種を受ける方には、予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解した上で、自らの意志で接種を受けていただいています。受ける方の同意なく、接種が行われることはありません。
 職場や周りの方などに接種を強制したり、接種を受けていない人に差別的な扱いをすることのないようお願いいたします。

副反応が起きた場合の予防接種健康被害救済制度

 一般的に、ワクチン接種では、副反応による健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が起こることがあります。極めて稀ではあるものの、なくすことができないことから、救済制度が設けられています。
 救済制度では、予防接種によって健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になったり、障害が残ったりした場合に、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。

 新型コロナワクチンの接種についても、健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく救済を受けることができます。
 なお、現在の救済制度の内容については、予防接種健康被害救済制度(厚生労働省)<外部リンク>をご参照ください。

国・関係機関の情報

新型コロナワクチンについて(厚生労働省ホームページ)<外部リンク>

新型コロナワクチンQ&A(厚生労働省ホームページ)<外部リンク>

新型コロナワクチンについて(首相官邸ホームページ)<外部リンク>

各種相談窓口

ワクチン接種に関するお問い合わせ先

大船渡市新型コロナワクチン接種相談窓口
 (担当:保健福祉部健康推進課)

電話 0192-22-8061(平日の午前8時30分から5時15分まで)
ファクス 0192-22-8572
メール ofu_kenkou(at)city.ofunato.iwate.jp
※(at)は@に置き換えてください。

副反応に係る相談等、医学的知見が必要となる専門的な相談

岩手県新型コロナワクチン専門相談コールセンター

電話 0120-895670(午前9時から午後9時まで、土日祝日も対応します)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)