ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 大船渡市の魅力・自慢 > 大船渡市の魅力・自慢(自然) 

本文

大船渡市の魅力・自慢(自然) 

ジオサイト

地球活動の歴史を感じるジオサイト

 ジオパークとは、地球(ジオ)を学び、まるごと楽しむことができる地域をいい、ジオサイトとは、ジオパークの見どころとなる場所のことです。
 日本ジオパーク委員会が認定している「日本ジオパーク」は、2018年5月現在で43地域が認定されており、その一つである「三陸ジオパーク」には、大船渡市のジオサイトも含まれています。
 当市のジオサイトは「碁石海岸・穴通磯」をはじめとした、合計11箇所が登録されています。

吉浜の津波記念碑の写真
吉浜の津波記念碑

樋口沢(南部北上帯の古生界)の写真
樋口沢(南部北上帯の古生界)

碁石海岸・穴通磯の写真
碁石海岸・穴通磯

関谷洞穴住居跡の写真
関谷洞穴住居跡

ジオパークのサイト サイト分類
ジオ 文化
碁石海岸・穴通磯  
碁石海岸・乱曝谷、雷岩  
碁石海岸・碁石浜  
碁石海岸・館ヶ崎角岩岩脈  
樋口沢(南部北上帯の古生界)  
合足の津波石  
吉浜の津波記念碑  
門之浜の防潮堤  
気仙縄文遺跡
関谷洞窟住居跡  
今出山金山跡

不動滝

岩手の名水20選のひとつ

趣のある二つの鳥居をくぐった先に続く小道は、和歌山県の世界遺産・熊野古道を思わせます。水のせせらぎと鳥の声を聞きながら進んだ先にあるのが、15メートルの高さから静かに落ちる不動滝です。不動滝は男滝と女滝の2つからなり、古来より五穀豊穣・不老長寿の神水として地元の人たちに信仰されてきました。この不動滝の清く澄んだ水と優れた水環境は、岩手の名水20選にも選定されています。寒い日が続くと、滝の水が凍ることもしばしば。冷たくピンと張り詰めた空気の中、静かに凍りつく滝の姿もまた、神秘的です。

岩手の名水20選のひとつの写真1
岩手の名水20選のひとつの写真2

花の百名山「五葉山」

三陸海岸の雄大な景色を一望

 大船渡市、釜石市、住田町にまたがる山で、標高は1,351mです。
 北上山地では標高1,914mの早池峰山に次ぐ高さの県立自然公園五葉山は、動植物の宝庫です。そして北上山地の中でも一番海に近い山として知られています。そのため山頂からの眺めは大変魅力的で、三陸海岸の雄大な景色を一望でき、天候が良い時は遠く宮城県の金華山も望めるなど、県内外から多くの方々が足を運びます。
 毎年6月には「ツツジ」、7月には「シャクナゲ」が最盛期を迎え登山者を楽しませます。
 「五葉山」の名は、阿弥陀如来、薬師如来、観音菩薩、虚空蔵菩薩、愛染明王の五仏を祀る事からとも、伊達藩の「御用山」であったことから「五葉」と名付けられたとの説や「五葉松」になぞられつけられたとの説もあるそうです。
 8合目にある山小屋「石楠花荘」には薪ストーブも完備されており、登山者の憩いの場や宿泊施設として重宝されています。

三陸海岸の雄大な景色を一望の写真1
三陸海岸の雄大な景色を一望の写真2

大船渡の三面椿

日本最大・最古のヤブツバキ

 熊野神社境内にある日本最大最古のヤブツバキです。樹齢は1400年ともいわれ県の天然記念物に指定されています。神社の創建時に東、南、西に植えられたことから三面椿と呼ばれています。
 平成14年の台風21号によりその一部が倒木してしまいましたが、倒木した三面椿から採取した苗木を培養し育成していた「大船渡東高校農芸化学科」の生徒たちの手により、平成21年6月19日に南と西に植樹され名実ともに「三面椿」が復活しました。

日本最大・最古のヤブツバキの写真1
日本最大・最古のヤブツバキの写真2
日本最大・最古のヤブツバキの写真3

三陸大王杉

地域の住民が守ってきた名木

 縄文時代から三陸町越喜来杉下に立ち続ける大王杉は、これまでの7000年近い歴史の中で幾度となく天災に見舞われてきました。瀕死の危機に陥ったこともありましたが、町の人の「大王杉を守りたい」と言う思いがこの老木を樹木の名医に引き合わせ、見事に復活を遂げました。
 この大王杉のある八幡神社から見下ろす街は、先の津波ですっかり姿を変えてしまいましたが、天災を乗り越えてきたこの大王杉と同様に、越喜来の街もきっと、かつての姿を取り戻します。大王杉に宿るのは、天災にも屈しない、大船渡市民の不屈の精神です。

地域の住民が守ってきた名木の写真1
地域の住民が守ってきた名木の写真2
地域の住民が守ってきた名木の写真3

ど根性ポプラ

三陸の津波を耐えた「ど根性」

 三陸大王杉にも程近い、三陸町越喜来字杉下地内にあり、東日本大震災の約17mの津波に耐えたポプラの木。周囲が変わり果てた中で、悠然と立っている一本のポプラの姿は住民の心を慰め、奮い立つ勇気を与えてくれました。誰からともなく『ど根性ポプラ』と呼ばれるようになり、地元では、復興へのシンボルとして様々な取組が進められてきました。市ではポプラの木を中心として緑地広場を整備し、交流とふれあいが生まれる場として活用されています。
 三陸大王杉付近からは凜とした立ち姿が、三陸鉄道三陸駅付近からは、海とのワンフレームで、三陸鉄道に乗りながら見ることができます。

三陸の津波を耐えた「ど根性」の写真1
三陸の津波を耐えた「ど根性」の写真2

夏虫山 パラグライダー

空から絶景を満喫

 リアス海岸を見ながらフライトできる岩手県沿岸地域唯一のエリアです。爽快この上ないフライトがここにあります。

※ 現在、パラグライダーはフライトすることができません。

空から絶景を満喫の写真1
空から絶景を満喫の写真2
空から絶景を満喫の写真3


魅力・自慢イメージ