ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

男女共同参画


男女共同参画の考え方

 私たちの意識や慣習・しきたり、行動の中には、「男だから」とか「女だから」という性の違いによって、お互いの生き方や選択の幅を狭めてしまっていることがあります。
 つまり、家庭で、地域で、職場で、学校で、男性も女性もお互いに尊重し合い、協力し合える心豊かな社会、それが私たちの目指す「男女共同参画社会」です。
 少子・高齢化の進展や経済活動の成熟化など社会経済情勢の急速な変化に対応するためには、男女が互いに人権を尊重しながら個性と能力を十分に発揮できる男女共同参画社会の実現が重要となっています。

男女共同参画宣言都市

  三陸海岸の果てしなく広洋とした海原とリアス式海岸特有の美しい緑の山々に恵まれたわがまち大船渡。
 大船渡市では、「人情味あふれる人の和と、新たな交流の和」を基本とした心豊かなまちづくりを進めるため、三陸地域の拠点都市を目指して、様々な施策に取り組んでおります。
 その一環として、女性関連施策についても重要な課題として取り上げ、平成7年4月に「大船渡市女性政策推進室」を設置し、鋭意取り組みを進めておるところであります。
 私たちは、社会の様々な分野に男性と女性がともに参画する機会が確保され、全ての人が個人として、自分らしく生き生きと豊かなしかも充実した生活を送ることができるとともに、男女がともに責任を分かち合う、男女共同参画社会の実現に向けての取り組みが必要であると痛感をいたしました。
 このため、大船渡市では、総理府の「男女共同参画宣言都市奨励事業」の趣旨に賛同し、次のとおり宣言します。

1.男女がともに、一人ひとりの個性と能力を発揮し、生き生きと充実した人生が送れる大船渡市をつくります。
1.男女がともに、多様な生き方を認め合う、心豊かな大船渡市をつくります。
1.男女がともに、互いの性を尊重し、支え合うやさしい大船渡市をつくります。
1.男女がともに、地球環境を守り、世界へ平和の輪を広げる大船渡市をつくります。

平成7年11月25日

第4次大船渡市男女共同参画行動計画

 市では、平成24年度に「第3次大船渡市男女共同参画行動計画」を策定し、男女共同参画社会の実現に向けて、さまざまな取組を進めてきました。

 この計画期間が、平成29年度末で終了することから、これまでの取組の成果と課題や社会経済情勢などの現状を踏まえ、また、新たに女性活躍推進への対応などを加えた「第4次大船渡市男女共同参画行動計画」を策定しました。

 この計画に基づき、家庭・地域・学校・職場などのあらゆる場で、すべての人がともに支え合い、認め合い、互いに思いやり、いきいきと活躍できる社会の実現を目指します。

  1. 計画期間 平成30年度から平成34年度
  2. 基本目標
    1. 一人ひとりが尊重されるまち
    2. 男女がともに参画し合うまち
    3. 男女がともに支え合うまち
    4. みんなが健康で安心して暮らせるまち 

 「第4次大船渡市男女共同参画行動計画」は、下記よりダウンロードできます。

男女共同参画室の事業

 これまで開催した「いきいき講座」の内容、男女共同参画審議会の内容などをご紹介します。

各種相談機関

 各種相談機関をご案内します。

DV相談
DVとは、Domestic Violence(ドメスティック・バイオレンス)の略で、夫やパートナーが、妻や恋人に対してふるう暴力のことです。
たとえ、家庭内の暴力であっても、暴力は許されない犯罪行為です。
暴力を受けたり、見聞きしたら、一人で悩まないで相談しましょう。

名称 電話
岩手県福祉総合相談センター

平日 019-629-9610
夜間 019-652-4152
土日祝 019-652-4152

大船渡市子ども課(婦人相談) 0192-27-3111 (内線193)
大船渡警察署(生活安全課) 0192-26-0110
女性の心のケアホットライン・いわて 0120-240-261(※震災後特設)

女性等就業相談
毎週月~金曜日の午前10時~午後5時(受付は午後4時30分まで)まで、女性や若年者のための就業支援と職場での様々な問題の相談を受付けます。
※原則として予約制となりますので、事前にご連絡ください。

名称 電話
ジョブカフェ気仙(シーパル大船渡 ) 0192-21-3456(直通)

リンク

 関連機関・団体のホームページへのリンクです。

ダウンロード

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)