ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類で探す > くらしの情報 > ライフステージ > 高齢・介護 > 高齢者等見守り情報共有システム推進事業「どこシル伝言板」
現在地 トップページ > 分類で探す > くらしの情報 > 福祉・介護 > 地域包括ケア > 高齢者等見守り情報共有システム推進事業「どこシル伝言板」

本文

高齢者等見守り情報共有システム推進事業「どこシル伝言板」


どこシル伝言板とは

どこシル伝言板イメージ

 見守りを必要とする方が行方不明になった際に、発見者がスマートフォンで衣服等に貼ったQRコードを読み取ると、インターネット上の伝言板を介して、ご家族に発見を知らせることができます。

 無事を願うご家族の元へ、早く帰ることができるようサポートするものです。

どこシル伝言板リーフレット [PDFファイル/2.53MB]

このシールを身に着けた方を見かけたら

どこシル伝言板シール

もしも、道に迷っていたり、困っていたら…

  1. 正面からやさしく声をかける
  2. QRコードを読み取る
  3. インターネット上の伝言板で現在地等を家族に知らせる

この3ステップで、帰宅をサポートできます。皆さんのご協力をお願いします。

このシールの利用には申請が必要です

要件は以下のとおりです。

対象者

市内に住所を有し、在宅で以下のいずれかに該当する方

  • 認知症の診断がある方
  • 認知症等により一人での外出に不安のある方等

申請者

市内に住所を有し発見時に迎えに行くことが可能である家族等

※メールアドレスが必要です。

自己負担費用

 なし

 ※追加でのラベルシールの配布を希望する際は有り

ラベルシールの配布数

 30枚(耐洗ラベル20枚、蓄光シール10枚)

その他

 気仙地区高齢者等SOSネットワークシステムとの併用も可

問合せ・相談は

大船渡市保健福祉部地域包括ケア推進室 Tel:0192-26-2943
〒022-0003 大船渡市盛町字下舘下14-1(総合福祉センター内)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)