ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類で探す > くらしの情報 > 医療・健康 > 健康づくり・食育 > 熱中症に気をつけましょう

本文

熱中症に気をつけましょう


熱中症に気をつけましょう

熱中症とは

 気温や湿度が高い環境に長くいることで、体内の水分や塩分(ナトリウムなど)のバランスが崩れ、体温の調節機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもった状態をいいます。室内で何もしていないときでも発症することがありますが、正しい知識と対応で予防することができます。

熱中症予防のために

 温度計や天気予報をチェックするなどして、暑い日や暑い時間に気をつける。

室内では

  • 扇風機やエアコンを効率的に使う。
  • すだれやカーテンを利用し、直射日光を防ぐ。
  • 部屋の風通しをよくする。

外出時には

  • 日傘や帽子を着用する。
  • 日陰や涼しい場所・施設を利用し、こまめに休憩する。

からだの蓄熱を避けるため

  • 通気性のよい、吸湿性・速乾性のある衣服を着用する。
  • 保冷材、氷、冷たいタオルなどで、体を冷やす。

こまめに水分補給をしましょう

  • 室内でも、外出時でも、のどの渇きを感じなくても、こまめに水分補給をしましょう。
  • 汗を大量にかいたら、経口補水液など、塩分等も含んで補給しましょう。

ご注意

暑さの感じ方は、人によって異なります

 その日の体調や暑さに対する慣れなどが影響します。体調の変化に気をつけましょう。

高齢者や子ども、障がい者・障がい児は、特に注意が必要です

 熱中症患者のおよそ半数は65歳以上の高齢者です。また、子どもは体温の調整能力が十分に発達していないため、気を配る必要があります。

節電を意識するあまり、熱中症予防を忘れないようご注意ください

 

 さらに詳しい熱中症の情報は、こちらをご覧ください。