ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類で探す > 市政情報 > 市政運営 > 市の計画・ビジョン > 施政方針 5 やすらぎある安全なまちづくりの推進

本文

施政方針 5 やすらぎある安全なまちづくりの推進


 安全なまちづくりは、市民生活を支える上で大変重要なものであり、地震や津波、台風、豪雨などの自然災害や交通事故、犯罪などから市民の生命・財産を守るため、関係機関・団体と緊密に連携しながら、的確な対策を講じてまいります。

 はじめに、東日本大震災の経験や教訓を次世代へ伝承することが極めて重要であることから、多面的な学びを市全体で形成する防災学習ネットワークを構築し、市内各地の津波伝承、防災学習などの取組の連携拡大を図ってまいります。

 さらには、本年度中に作成する復興記録誌の配布や、市ホームページでの公開を通じて、震災被害の記憶の風化抑止に努めるとともに、本市復興計画の遂行から得た教訓を広く全国に発信してまいります。

 また、防災対策の充実・強化を図るため、大船渡市地域防災計画の継続的な見直しや自主防災組織の育成・強化を図るほか、近年、全国各地で頻発し、激化している豪雨による洪水や土砂災害に備え、引き続き水害を想定した防災訓練を実施してまいります。

 消防体制につきましては、老朽化した消防屯所の建て替えなどを計画的に進め、地域防災の拠点施設の機能充実を図るとともに、女性団員を含めた消防団員の確保に努め、地域防災力の強化を図ってまいります。

 交通安全対策につきましては、交通安全施設を計画的に整備するとともに、市民への交通安全意識の啓発により、交通ルールの遵守、交通マナーの向上を促しながら、交通事故防止に資する施策を推進してまいります。

 防犯対策につきましては、市内においても、振り込め詐欺などの特殊詐欺や、子どもへの不審者接近事案が発生していることから、市広報紙や防災行政無線などを活用した広報活動、防犯パトロールなどを強化しながら、防犯意識の高揚を図ってまいります。

 消費者の自立支援につきましては、消費者トラブルや悪徳商法、インターネット関連詐欺などの被害を受けないよう、大船渡市消費生活センターを中核として、的確な啓発活動と相談体制の充実を図ってまいります。