ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織で探す > 子ども課 > ネットの危険から大切なお子様を守るために「インターネット利用時のフィルタリングの活用を!!」

本文

ネットの危険から大切なお子様を守るために「インターネット利用時のフィルタリングの活用を!!」


1.インターネットによる子どもの犯罪被害の状況

 インターネットが普及し、便利な世の中になった反面、SNSや無料チャットアプリの利用を発端とした未成年者の性犯罪被害など、子どもが犯罪に巻き込まれるケースが後を絶ちません。
 内閣府では、毎年7月を「青少年の非行・被害防止全国強調月間」としており、令和3年度の最重点課題には「ペアレンタルコントロール等によるインターネット利用に係る子供の犯罪被害等の防止」が挙げられています。現在、インターネットに関する子どもの犯罪被害は深刻な状況にあるのです。

2.子どもの犯罪被害を防止するためにできること

 子どもは自分だけでは悪意や安全性などの判断が難しい場合があり、判断に迷っているうちに、重大事件に巻き込まれることもあります。
 また、被害児童の約9割が「フィルタリングを利用していなかった」ということも分かっています。
 犯罪被害を防ぐためにあらかじめフィルタリングを利用するなどの方法により、インターネット利用を適切に管理し、活用能力習得の促進に努めることが「保護者の責務」とされています。
 インターネットの危険から子どもを守るため、次の4つのポイントに取り組みましょう。

4つのポイント
1.青少年を取り巻くインターネットトラブルについて知りましょう。
2.家庭でのルールを考えましょう。
3.フィルタリングを活用しましょう。
4.いざという時の相談窓口を確認しておきましょう。

 内閣府のHPではフィルタリングについての情報や、家庭でのルール作りの例などを紹介しています。ぜひ一度ご覧ください。
ネットに潜む危険