ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類で探す > くらしの情報 > 保険・年金 > 国民年金 > 年金生活者支援給付金

本文

年金生活者支援給付金


年金生活者支援給付金が支給されます

 本年10月から、年金を含めても所得が少ない年金受給者の生活を支援するため、対象となる人に給付金が年金に上乗せして支給されます。

■支給要件

  1. 老齢基礎年金受給者で次の全てに該当する人
    • 65歳以上
    • 同一世帯全員が市民税非課税
    • 前年の公的年金などの収入金額とその他の所得(給与所得や事業所得、利子所得など)との合計が879,300円以下
  2. 障害基礎年金受給者で前年の所得が4,621,000円以下(所得基準額は、扶養親族の数に応じて増額)
  3. 遺族基礎年金受給者で前年の所得が4,621,000円以下(所得基準額は、扶養親族の数に応じて増額)

■給付額

月額5,000円(障害等級1級の人は月額6,250円)
※老齢基礎年金受給者は、保険料を納付した期間や免除期間によって増減があります。

■請求手続き

 給付金の支給対象者には、9月に日本年金機構から請求書が送付されますので、氏名などを記入して、日本年金機構に郵送してください。
 請求書の提出が遅れると、10月分からの受給ができなくなる場合がありますので、早めに提出してください。

■給付金の支払い

 請求書を提出後、10月以降に支給決定通知が届きます。初回の支払いは、10月分と11月分が12月の年金支払い日に振り込みされます。