ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類で探す > くらしの情報 > 保険・年金 > 国民健康保険 > 医療費の自己負担割合

本文

医療費の自己負担割合


自己負担の割合

 年  齢

自己負担割合

小学校就学前  2割
小学校就学後~70歳未満  3割
70歳以上  一般  2割
現役並み所得者(※)  3割


※ 3割負担になる現役並み所得者とは、同じ世帯の70歳から74歳の国保加入者のうち、住民税課税所得が145万円以上の方が1人でもいる世帯の方です。ただし、その方の収入の合計額が以下の基準額未満の場合は、申請により負担割合が2割に引き下げられます。

  • 70歳以上の国保加入者が1人で、その収入の合計額が、383万円未満の場合
  • 70歳以上の国保加入者が2人以上で、その収入の合計額が、520万円未満の場合
  • 上記以外で特定同一世帯所属者がいる場合であって、次の基準の(1)、(2)をともに満たす場合

        (1)同一世帯に70歳以上の国保加入者が1人で、その収入の合計額が、383万円以上
        (2)特定同一世帯所属者を含めた収入の合計額が、520万円未満

 

70歳以上の方の医療(後期高齢者医療制度対象者を除く)

 国保に加入している70歳から74歳の方には、医療費の自己負担割合を証明する「国民健康保険高齢受給者証」をお送りします。

利用について

  • 高齢受給者証を利用できるのは、70歳になった日からではなく、70歳になる誕生日の翌日の1日からです。(ただし、1日が誕生日の方はその月の1日から。)
  • 医療機関を受診する際は、保険証と一緒に提示してください。