ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類で探す > くらしの情報 > 防犯・安全 > クマ目撃情報 > クマの出没に注意してください

本文

クマの出没に注意してください


 現在、県内全域に「ツキノワグマの出没に関する注意報」が発令されています。

 この季節、山菜採りや渓流釣りで山に入ることが多くなりますが、採ることに集中してしまうと、ツキノワグマの気配に気づかず、出会い頭に遭遇する危険性が高くなります。

 市内の山はほとんどがクマの生息域です。クマがいるのは当然と思って山に入ってください。

 特に、悪天候の日や沢音が大きい場所などでは、クマも人の気配に気づかないこともありますので、注意が必要です。

 山や森に入ることは、クマの生活場所に入ることです。これから山に入る予定の方は、クマと出遭わないよう、次のことを注意してください。

グループでの行動を基本とし、朝夕は山中には入らない

 山中では声を掛け合いながら、細心の注意をもって行動しましょう。明け方と夕暮れ時は、クマの活動が活発になるので入山は避けましょう。

クマの出没状況を確認し、危険な場所には近づかない

 入山予定地域の出没情報を市農林課・地元警察署に問い合わせておきましょう。

鈴、笛、ラジオ等音の出るものを携帯し、クマに自分の存在を知らせる

 クマは、聴覚や嗅覚が優れているため人の接近をいち早く察知し、人を避けます。

子グマを見たらそっと立ち去る

 近くには必ず母グマがいます。母グマは子グマの危険を感じて人を攻撃することがあります。

山菜採りは、周囲を確認しながら、節度を持って

 クマは山菜が好物です。山菜が多いところにはクマもいる可能性が高いので、足跡や糞などを見つけたら引き返しましょう。