ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類で探す > くらしの情報 > 自然・環境・公園 > 騒音・公害・汚染 > 東日本大震災 > 大船渡市内における放射線量の測定結果

本文

大船渡市内における放射線量の測定結果

東京電力福島第一原子力発電所事故に伴い、岩手県では県内各地で環境放射能を測定していますが、測定箇所や測定回数などが限られていることから、平成23年7月から、市独自で市内における地表付近の放射線量を定期的に測定し、当市への影響を把握するとともに、市民の皆さんへ情報を提供しています。

令和2年度は年2回(9月、3月)、市内7箇所で測定する予定です。
※H23/7/27から4箇所、H23/11/30から9箇所、R2年度から7箇所で測定。

測定条件等

測定方法:30秒ごと各5回測定による平均(測定高5cm、50cm、100cm)

測定実施者:市(担当課:市民環境課)

測定機器:シンチレーションサーベイメータTCS-172B(日立アロカメディカル(株)社製)

※平成24年5月2日から同9月12日までと、同11月13日測定分以降は当該機器を使用。
平成23年7月27日から平成24年4月25日までと、同9月19日から11月6日までは「環境放射線モニタRadi」(PA-1000)を使用。

測定結果(最新データ)

令和2年9月4日(金)に実施した各測定地点の測定結果は次のとおりです。

No.

測定地点

測定高

測定値
μSv(マイクロシーベルト)/時

年間換算値
mSv(ミリシーベルト)/年
(1)

1

大船渡市役所本庁
(盛町字宇津野沢15)

100cm

0.04

0.21

50cm

0.03

0.16

5cm

0.05

0.26

2

碁石海岸大駐車場
(末崎町字大浜221-28)

100cm

0.04

0.21

50cm

0.05

0.26

5cm

0.05

0.26

3

大船渡湾永浜山口地区               (赤崎町字山口地内)

100cm

0.05

0.26

50cm

0.06

0.31

5cm

0.05

0.26

4

おおふなと斎苑                (立根町字猫足83)

100cm

0.04

0.21

50cm

0.05

0.26

5cm

0.05

0.26

5

日頃市地区公民館             (日頃市町字関谷45-3)

100cm

0.04

0.21

50cm

0.05

0.26

5cm

0.05

0.26

6

三陸総合運動公園             (三陸町綾里字黒土田56) 

100cm

0.03

0.16

50cm

0.04

0.21

5cm

0.03

0.16

7

大船渡市役所三陸支所          (三陸町越喜来字所通26-1)

100cm

0.06

0.31

50cm

0.06

0.31

5cm

0.06

0.31

※年間換算値((1))には自然放射線から受ける外部線量(世界平均年間約0.87mSv)を含みます。

測定結果の評価等

  1. 測定結果は、文部科学省による「学校の校舎・校庭等の線量の低減について」に基づき、学校において児童生徒等が受ける線量の目安である1.0μSv(マイクロシーベルト)/時を下回っています。
    また、県による「放射線量低減に向けた取組方針」に基づく、除染等の低減措置実施の目安(1.0μSv(マイクロシーベルト)/時)も下回っています。
  2. 文部科学省・厚生労働省では、自然放射線から受けるもの以外の外部被ばくの放射線量(外部線量)に関しては、年間1mSv(ミリシーベルト)が望ましいとしています。
  3. 上表の年間換算値は、文部科学省・厚生労働省による次の算定方法により算出したものです。
    文部科学省・厚生労働省による算定方法
    (年間線量)mSv/年=[(測定値)μSv/時×8時間+(測定値)μSv/時×0.4×16時間]×365日÷1000
    ※1mSv=1000μSv
  4. 測定値は自然放射線を含んでいることから、測定値からの年間換算値と文部科学省・厚生労働省が望ましいとする年間1mSVとの関係は、次の数式のとおりとなります。
    年間1mSv(望ましい外部線量)≧(1)(測定値からの年間換算値)-年間0.87mSv(自然放射線の世界平均)
  5. 今回、最も高い測定値である「0.31mSv」について計算すると、次のとおりとなり、年間1mSv(ミリシーベルト)を下回っています。
    0.31-0.87=年間0mSv未満
  6. 前回の測定から大きな変化は見られず、健康に影響を及ぼすような状況にはないと考えられます。

大船渡市における放射線量測定結果(過去データ)

大船渡市実施分

定点測定位置図[PDFファイル/485KB]

測定結果の推移

※平成29年度以降は年2回測定に変更となりました。

令和2年度

令和元年度

平成30年度

平成29年度

平成28年度

平成27年度

平成26年度

平成25年度

平成24年度以前の結果はこちらから。

岩手県実施分

地表付近の放射線量率の測定結果<外部リンク>※他のサイトへ移動します。
※県では、大船渡地区合同庁舎前にモニタリングポストを設置し、空間線量率の24時間測定を実施しています。詳しくはこちらから<外部リンク>

市公共施設等における放射線量の測定結果

市では不特定多数の市民のみなさんが使用する市の主な公共施設等28箇所において、放射線量の測定を実施しました。
すべての測定結果について、国や県の目安(基準)を下回っており、過去に実施した市内の定期測定と比較しても大きな変化は見られません。

実施期日

平成23年10月5日~10月7日

測定結果

こちらから[PDFファイル/16KB]

結果の評価等

こちらから[PDFファイル/13KB]

放射線量測定位置図はこちらから[PDFファイル/136KB]

関連リンク

岩手県の取組み

国の取組み

専門機関の取組み

損害賠償

参考資料ダウンロード

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


ご支援いただける方向けの情報
災害義援金等の受入れ及び配分・活用の状況
放射能に関する情報
全国避難者情報システム